週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2017夏の高校野球】《宮城観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド

突如出現したスカウト注目の佐藤とは?
野球センスの塊・西巻がプレーで魅せる


投手編 〜全国屈指!? 仙台・佐藤〜


【2017夏の高校野球】《宮城観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド

 宮城のみならず、東北地区でもナンバーワン、そして全国でも通用する左腕という声もあるのが、佐藤隼輔(仙台)だ。腕の振りのしなやかさ、リリースポイントの安定感が素晴らしく、ポテンシャルの高さは間違いない。質のいいストレートに、スライダー、チェンジアップの精度が高く、投球術を持っている。牽制、フィールディングも申し分ない。
 佐藤に2試合で投げ勝っているのは長谷川拓帆(仙台育英)。重厚感のあるストレートと変化球のコンビネーションで打者を封じる。コントロールが安定してきたことで投球に落ち着きも出てきた。仙台育英では中堅手の佐川光明、遊撃手の西巻賢二、ダイナミックなフォームの右腕・前武當大斗ら特
徴のある投手が複数いる。
 佐藤瑞輝(東陵)はコーナーに投げ分ける高い制球力とインコースを突く強気な投球。遊撃手でもあり、フィールディングもピカイチだ。森勇樹(石巻工)は緩急の使い方を覚えて、春の公式戦3試合で完封。佐々木健汰(石巻)は腕の振りがよく、垂れないストレートとカーブを交えた投球で、地区予選で東陵に勝利した。金原広汰は進学校・仙台一の速球派エース。阿部松樹(古川学園)は185センチ81キロの体格で重いストレートが武器。他にも相沢秀人(古川工)、岩佐公太(柴田)、佐藤由武(利府)ら好右腕が多い。
 春季県大会を制した東北の2年生投手陣も面白い。エース・葛岡仁は182センチの長身左腕。右打者の内角に決まるストレートは伸びがあり、打者がバットの芯で捉えることは難しい。甲子園での登板経験もある左腕の古川原将真は淡々とゲームメーク。右腕の中山翔太はスピードボールが武器だ。

野手編 〜私学2強に好素材そろう〜


【2017夏の高校野球】《宮城観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド

 東北と仙台育英に好打者が並ぶ。公式戦0本塁打だった東北の4番・布施東壱はこの春、一気に3ホーマーと開花。ただ飛距離が出るようになったのみならず、逆方向へも打球が伸びるようになった。3番の植木利久は対応力とパンチ力がある。昨年、1年生ながら正遊撃手として甲子園を経験した杉澤龍は遊撃、三塁などに加えて外野も守るユーティリティーぶりを発揮。引っ張り気味だが、思い切りのいいスイングで打球の勢いは痛烈。ライナー性の当たりが伸びていく。
 県大会終盤で失速気味だったが、仙台育英も能力の高い選手がそろう。1番の西巻は春先から長打力がアップ。2番・鈴木佳祐は広角にヒットゾーンを持ち、山田利輝、杉山拓海は振る力がある。二塁手・斎藤育輝は守備力でチームを救ってきた。
 伊藤英二(仙台城南)は163センチと小柄ながらパンチ力あり。チームメートの最上敬太も一発を秘める。身体能力が高い藤井一星(東北学院榴ケ岡)も飛ばす力は図抜けている。柴田の伊丹健人、城島大也も鋭い振りで長打が期待できる。好右腕に挙げた古川工の相沢は背番号5で4番。スイングが強く非凡さがある。野沢孟司(仙台高専名取)は広角に率を残せる。
 東北・布施を筆頭に石巻・和泉大翔、仙台・笹口大輝、利府・二瓶光生ら投手をしっかりリードできる捕手も多い。

大会展望 〜上位は実力伯仲、伏兵の強襲も〜


8年ぶりに春季県大会を優勝した東北、昨秋の県・東北大会王者の仙台育英、秋春と県準優勝の東陵が三つ巴の様相だ。古川工が公立では唯一の春4強入り。プロ注目左腕を擁する仙台や好右腕の成長が著しい石巻工、総合力のある石巻、利府、富谷、塩釜、柴田も上位に食い込みそうだ。公立校に勢いのある宮城。昨秋4位の仙台城南や大型右腕のいる古川学園など、私学も意地を見せたいところ。春は地区予選で敗退した東北学院榴ケ岡、仙台三の実力校も夏の雪辱に期待。

【2017夏の高校野球】《宮城観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド


野球太郎 No.23
「2017夏の高校野球&ドラフト特集号」 

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方