週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2019年夏の甲子園 西東京みどころ】投の日大三、150キロの共演はあるか 東海大菅生は小山に成瀬、杉崎もいいぞ

投手編〜日大三にプロ注目の二本柱

井上広輝
 まず注目は日大三の二本柱だ。最速150キロの井上広輝は、投球練習で球場がどよめくほどの威力がある。ヒジを痛め、大事に使われているが、昨年末に行われた東京代表のキューバ遠征では、2試合で5回を投げ奪三振は11。国際試合でも通用することを示した。廣澤優は昨年から身長がさらに2センチ伸びて191センチに。最速148キロの右腕は、未知の可能性を秘めている。

 完成度の高さなら中村晃太朗(東海大菅生)だ。球の回転数が多く、球速以上に球威を感じる。制球力も抜群で変化球も多彩。東海大菅生の若林弘泰監督は、橋優貴(巨人)の高校時代より「はるかに上です」と評価する。

 渡邊充(工学院大付)は巨体からの重量感あるストレートで注目されるが、春季都大会1回戦で、先頭から5者連続四球で自滅。制球難をどこまで克服できるか。

 伊藤大征(早稲田実)は力感のある投球に気持ちの強さが伝わる。大学野球で育ってほしい投手だ。
 武内寛斗(八王子)は横手からのストレートが魅力。
 高下耀介(國學院久我山)は身長188センチの長身から、落差のあるスプリットに威力がある。
 細田怜希(世田谷学園)はカットボール、ツーシームなどで打者を打ち取る。

 都立勢では、内野大輝(東村山西)は長いリーチを生かし、140キロ近いストレートをクロス気味に投げ込む。
 野ア師(小平西)は左腕から落差のあるスライダーを効果的に決める。

野手編〜小山キャノンに注目

成瀬脩人
 東海大菅生に好素材が集まった。特に小山翔暉、成瀬脩人、杉崎成の愛知県出身の3人の力は抜き出ている。

 小山は50メートルが5秒8、遠投が110メートルと身体能力が高い。東京では相手チームが警戒して見せ場が少なくなっているが、送球動作や送球の速さは高校生離れしている。長打もあれば、盗塁する走力もあるので、どの打順でもこなせる。成瀬は昨年までの田中幹也(亜細亜大)とは違うタイプの躍動感のある遊撃手。遠投110メートルの強肩、ランニングスローなどには華がある。チーム一の飛距離がある一方で、俊足で小技もこなせる。杉崎は2年生ながら、1年夏から4番を任される逸材。春季都大会の日大三戦で放った2本の本塁打は圧巻だった。長打力も勝負強さもますます磨きがかかっている。

 長打力では宮崎恭輔(國學院久我山)も見逃せない。がっちりした伝統的な捕手体型だ。

 昨夏の甲子園4強の日大三は、野手の大半が入れ替わったが、強肩の捕手の佐藤英雄は健在。前田聖矢は積極性のある二塁手だ。

 生沼弥真人(早稲田実)は体も一回り大きくなり、伝統校の4番らしくなってきた。

 グラブさばきのうまさが光るのは黒川麟太朗(国士舘)。後輩の2年生・鎌田州真は打撃センスがよく、大型内野手に成長してほしい。
 高橋優介(八王子)はミートがうまく、打球の追い方にもセンスがある、実戦向きの外野手だ。

 二塁手を兼ねる清野佑馬(日大鶴ヶ丘)、外野手を兼ねる古川風勝(創価)は投手との“二刀流”での活躍を期待したい。

大会展望〜東海大菅生を追う日大三、国士舘

西東京地区勢力ピラミッド
春季都大会優勝、関東大会準優勝の東海大菅生が、戦力が充実している上に隙がなく、頭一つリードしている。
対抗できるとすれば、井上広輝、廣澤優のWエースを擁する日大三か、都大会は秋優勝、春は準優勝で試合運びがうまい国士舘か。
エース・伊藤大征が引っ張る早稲田実、強力打線の國學院久我山、戦力的にバランスのとれた八王子が後を追う。
都立では片倉、日野、小平西あたりが充実している。
昨夏準優勝の日大鶴ヶ丘は、夏にどこまで戦力を引き上げてくるか。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方