週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

ヤクルト・山田哲人の視力は0.4? ゴーグル着用もアリ? 意外と知らないプロ野球選手の視力事情


 中日・若松駿太が22日のヤクルト戦でゴーグルデビューを果たした。昨オフの検査では両目とも視力1.5だったが、ここ2〜3カ月で右0.5、左0.9まで急降下。さすがにサインが見えづらくなり、ゴーグル着用を決めた。

 ゴーグル投手といえば、山井大介(中日)も有名だが、山井の視力は実は0.7。裸眼で車を運転できるぐらいで一般的にはそこまで悪い数値ではない。

 しかし、本人は「ゴーグルがないと野球ができない」と語っている。サインを見ることはもちろんだが、歪むことのない視野によって、ブレることのない投球ができるというのだ。

 PC、携帯、スマホの登場もあり、国民総眼鏡ともいわれる現代。プロ野球選手の視力事情を調べてみた。

イチローの視力悪い説はガセ……!


 素人目に視力が重要になりそうなのは打者だ。しかし、プロ野球選手に必要なのは純粋な視力ではなく、“動体視力”だというイメージは強い。

 その根拠として、巷でよく引用されるのは、「イチローは視力0.4しかない」というインフォメーションだ。

 実は筆者も「イチロー=視力があまりよくない」という印象を持っていた。オフもメガネを掛けているような……。

 しかし、これは大間違いだった。イチローの視力は右1.0、左1.2。プライベートのメガネはなんとダテ眼鏡だった……!

 それでも本人は「目はあまりよくない」と語る。医師の勧めでコンタクトを着用してプレーした年もあるほどだ。

 だが、イチローはこうも語っている。

「視力は野球にはなんにも反映されない」

 目を使ってボールを見ようとすれば、体が緊張してしまう。実は超一流選手でも視力自体にはそこまで依存していないのだ。

 現にそれを証明しているのは、昨年トリプルスリーを達成し、今季も絶好調の山田哲人(ヤクルト)。山田は右0.7、左0.4だが、コンタクトは「合わない」と着用せず、裸眼でプレーしている。


実はボールは漠然と見ている


「ボールをよく見ろ!」

 小さい頃にこんな言葉を耳にした人も多いだろう。しかし、中学野球の指導現場などでは、ボールを見ようとすればするほど打てなくなることは今では常識。

 実はミート向上のポイントは周辺視野。エンドランなどの練習で走者を視野に入れながら、打ち込んでいくことでミートが向上するという指導者も多い。

 また、多くのプロ野球選手は“目付け”の感覚も大事にしている。投手のリリースポイントやインコース、アウトコースなど、個々によってさまざまなところに焦点を置き、経験則をスイングに反映させているのだ。

 確かに動体視力も重要だが、プロ野球選手にとって必要なのは“目の使い方”だという声も多い。

視力キングはオコエ瑠偉!?


 それでも「サイン、ボールが見えない」など支障が出てしまうと眼鏡やコンタクトの着用は避けられない。「視力が悪くても問題ない」というのが今の野球界の常識だが、見えるに越したことはないだろう。

 しかし、視力に関する驚愕エピソードを持つ選手を発見した。それがオコエ瑠偉だ。視力はなんと推定3.0以上。1.2の指標を2倍の距離で正確に言い当て、1.5の2倍もほぼ正解。脅威の視力の持ち主だ。

「センターの守備位置から、キャッチャーの表情が見える」

 つまり、キャッチャーのサインも見えるということだろう。オコエはよく「ポジショニングがうまい」「一歩目が速い」と評されるが、それ可能にする洞察は抜群の視力によって生み出されているともいえる。

 ツイッター、SNSに勤しむ高校球児やプロ野球選手も多いが、やはり野球選手にとって目は命。スマホのやりすぎには注意したい。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方