週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

ドキッ!!バッセン言ってはならないその一言の巻/第46打席

 今回で第46弾!

 漫画家・平沢健司さんは、現在『月刊チャンピオン』で連載中。野球部出身で、今でもバッティングセンター(通称“バッセン”)に通っている実践派。平沢さんの観察眼が光る奇妙なバッセンの世界をどうぞ!



 せめて息子が中学にあがるまでは隠し通したかったこの事実。

 中学生にもなれば、「いい選手が必ずしも、いい指導者になるとは限らない」という定説を、どこかで耳にする機会が増えてくるからである。

 しかし、小学生の息子にとっては違う。

「なんの実績もないお父さんに、僕を指導する資格なんてあるの?」

 こうである。そして、思わぬ窮地に立たされたお父さんの口から出たまさかの一言。

「敏行おじさんは嘘つきなんだ!!」

 鬼の様な形相で怒鳴る父を目の当たりにした息子は思わず…

「ご、ごめんなさい!!!!」

 この理不尽極まりない光景こそまさしく、体育会系の真骨頂である。



 画・文=(ひらさわ・けんじ)/ギャグ漫画家。「バッティングが好き」という理由だけで、小・中・高と野球を続けてきた。バッセンのお世話になった回数は数知れず。好きな打法は、天秤打法。好きな返しは、センター返し。『月刊チャンピオン』にて「アンダーライフ」連載中!

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方