週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

2013夏・福井の有望野手を紹介します!

【福井・野手編】ドラフト関連度 B

県内一の捕手は誰だ

 注目野手の筆頭は全国区になりつつある好捕手・栗原陵矢(春江工)。まだ2年生でもリーダーシップを発揮し、風格も漂う。長打が増えてきたら、間違いなく全国レベルの選手といえる。

 センバツでも破壊力を示した敦賀気比勢も多士済々。パワフルな打撃の3番・山田誠也、4番・喜多亮太。5番にセンバツで安打を量産した浅井洸邪(2年)が座る。その前後には、俊足の米満一聖やスケールが大きい峯健太郎(2年)などが控える。全国でも屈指の陣容だろう。

 昨年から大型選手や長打力が魅力の選手が増えている傾向がある。先述の山田、喜多に加え、山本剛史(福井工大福井)、松村和哉(北陸)、橋本篤朗(羽水・2年)、早貴文(若狭・2年)といった名前が挙がる。このようなタイプは対応力に不安を残す選手もいるが、松村は春季大会で流してサヨナラ3ランを放ち、橋本も変化球を広角に打ち分けられる技術がある。この2選手は春から本塁打を増やして、勢いもある打者たちだ。

 山本琢真(福井商)は三拍子揃った好選手だが、チームの停滞感の影響か、殻を破りきれない。昨春北信越大会準優勝に貢献した池田周平、平沼潤哉(ともに鯖江)はケガなどで春は試合に出られず。4番兼エースの池田が戻ってくればチームに勢いが出そうだ。高橋雄大(羽水)も身体能力が高く、有望な外野手。

 2年生では、川島渉と長舩立弥(ともに美方)にさらにパワーがついてくれば、今後、楽しみな存在になってくるだろう。チームに活気と勇気を与えるプレーができる羽水の二遊間・森本遼と岡本将希は見応えあり。大学野球でも早い段階で順応できる気配を感じる選手たちだ。

【注目選手】栗原陵矢(春江工)


記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方