週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【ドラフト特集】ドラフト候補怪物図鑑・平沢大河(仙台育英高)

 ドラフト候補選手の魅力をたっぷりとお伝えする「2015ドラフト候補怪物図鑑」。

 新進気鋭の女性ライター・則松(のりまつ)葉子さんが、「炎のストップウォッチャー」を連載中のキビタキビオ氏と、『野球太郎』持木編集長を質問攻めにします。

 夏の甲子園大会では3本塁打をかっ飛ばした平沢大河選手。ドラフト1位指名が予想される注目選手について、インタビュースタートです。




三拍子揃うイケメンの突破口はバッティング!


ノリマツ(以下ノリ):私の周りの高校野球好き女子の間で「今年イチのイケメン」と人気が高かったのは、この平沢選手でした!

キビタ:キリッとした眉毛に切れ長の目、アイドルみたいに歯を見せて笑うという、もっさりした球児が多い中で目を惹くイケメンですね。甲子園では良い守備も見せたし、走りもそこそこ速い。打撃力もある。イケメンなうえに、三拍子揃っちゃってます。

ノリ:憎らしいくらいですね(笑)。でも、こういうタイプの選手というのは器用貧乏で終わってしまう…なんてこともあるんでしょうか?

持木:それはありえますね。走りも速いと言われていますが、オコエ選手なんかと比べるとそれほどではない。

キビタ:走りでメシが食べられるレベルではないですね。じゃあ何でやっていくのか、と言ったら、それはバッティングです!


センスとスピードのあるバッティングの秘訣


ノリ:平沢選手のバッティングの魅力はどこですか?

キビタ:それは長打力。ボールがバットに当たって、飛ぶ角度が45度くらいだと、ホームランになる確率が上がります。それより角度が上がっても、高く、長くボールが飛ぶと、ホームランに近づくんです。滞空時間が長いフライを打ち上げる選手はホームランバッターの素質があります。

持木:キビタさんはストップウオッチでプレーの色々を計測したなかから答えを導き出す、ストップウオッチャーなんです。

キビタ:平沢選手は6秒を超える滞空時間のフライを、甲子園やU−18で4本ほど打っている。これは高校生ではトップレベルです。

ノリ:タイムに裏打ちされているんですね。でも、どうして平沢選手は、そんなに滞空時間の長い大きいフライが打てるのですか?

キビタ:それは打球スピード、ヘッドスピードが速いからなんです。

ノリ:つまりスイングが速い?

キビタ:そう、高校生のなかでは一番じゃないかな。そこを磨いていけるかどうかが、プロで成功できるかの鍵になると思います。


チャンスを掴むのは、意識の高い集中力


ノリ:ところで、平沢選手は1球目から積極的に打ってくるという印象が強いのですが、それは選球眼があるってことなんですか?

持木:いや、それは集中力が高いってことですね。その集中力があるから、チャンスやピンチにも強い。

キビタ:でも、若干手を抜くクセがあります。たとえば打った球が内野ゴロでアウトだとわかると、走るスピードがぐっと弱まったり、諦めが早い。

持木:フォローするわけじゃないんだけど、彼は性格的に完璧主義みたいなんですよ。だから、納得のいかないバッティングは捨てるのかも知れない。ある意味自己中なところがあるのかもしれない。だからこそ、自分が目立てる、得点できる、というチャンスは逃さない強さがあります。

キビタ:U−18の決勝で、満塁や同点のチャンスでは、素晴らしいスライディングで全力プレーを見せましたね。サムライと呼ばれた、前田智徳選手(元広島)のように、そういう選手はプロで案外伸びるタイプだったりします。


ドラフト予想。夏の活躍でドラフト前線に復活


ノリ:さて懸案のドラフトです。平沢選手は176cmと少し小柄な気もするのですが、それはネックになるのでしょうか?

キビタ:なりますね。ただ彼は身体のわりにプレーがダイナミックで大きく動くタイプだから、さほど問題にはならないでしょう。

持木:彼は野手の目玉として注目されながら、春は全然ダメだったんです。ところが、夏の甲子園の活躍でV字回復。その短期間でレベルアップしてきたことで、ドラフトでも3位より上で消えそうな有力候補です。

ノリ:阪神や楽天の名前も挙がっていますが?

持木:そうですね。特に楽天は(平沢選手の)地元球団でもあり、遊撃手も絶対的なレギュラーがいないので、おおいに可能性はあると思います。


 バランスとセンスの良さが光る平沢選手。プロで活躍するためには、そのなかでも打撃力を突出させて伸ばしていけるかどうかがポイントだ。大きな放物線を描く、平沢選手独特の気持ちの良いホームランを、プロでも見せてもらいたい。


取材・文=則松葉子(のりまつ・ようこ)
ラジオ局勤務後フリーのライターとして美容やカルチャー、広告コピーを中心に執筆中。野球に関してはほぼ新人。春夏の甲子園と奇数月の大相撲を楽しみに生きている。スタイルにこだわらない柔軟なライティングがモットー。

イラスト=横山英史(よこやま・ひでし)
野球を題材にしたイラストを得意とするイラストレーター。スポーツ雑誌のイラストや、メジャーリーグ カンザスシティ・ロイヤルズのクラブハウスに飾られているチーム歴代プレーヤーを描いた作品なども制作。

出演者=キビタキビオ(きびた・きびお)
野球のプレーをストップウオッチで測る記事を連載中。NHKBS1で放送されているプロ野球ドキュメント番組「球辞苑」などに出演するなど、活躍の幅を広げている。

出演者=持木秀仁(もちき・ひでと)
ご存じ、本誌『野球太郎』編集長。今夏は甲子園大会の盛り上がりと相まって、週刊誌やテレビなどの取材を数多く受けた。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方