週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

《実践野球!弱点克服マニュアル》投手編A 速いボールが投げられません

野球太郎の姉妹誌「中学野球太郎」が取材した強豪校のトレーニング術や問題解決方法などを掲載する新コーナー。子供たちに野球を教える指導者だけでなく、草野球ファンの方も必見!
内容は雑誌「中学野球太郎」Vol.5(2014年9月22日発行)のダイジェスト版です。

《実践野球!弱点克服マニュアル》投手編A 速いボールが投げられません
このページの見かた

そのままいくと……

速いストレートが投げたい! ピッチャーなら誰もが追求することだろう。コントロールや変化球に自信があっても、高校や大学、プロとカテゴリが上がるにつれて、最低限必要な球速も上がってくる。またピッチャーだけではなく、野手においても同じだ。速いボールを投げるコツを身につけ、山なりボールにサヨナラを告げよう!


最大の原因

手首を使うことを意識しすぎている!

解決方法


指をロックしよう
(川口市立在家中・酒井顕正監督)

★手首を使わずに投げる

 県大会レベルであれば120キロ、全国大会ともなれば130キロ以上のストレートを投げる中学生も珍しくはない。
 どうすれば、速い球を投げられるのか。そのコツを「手首をロックすること」と教えてくれたのは、酒井顕正監督だ。
「手首を柔らかく使おうと思うと、指のかかりが悪くなり、ボールが抜けやすくなってしまいます。手首をロックして、リリースのときに指が反らないようにする。この投げ方で、指のかかりがよくなり、結果的にスピードが速くなっていきます」
 手首は意識して使うものではなく、自然に「使われるもの」というのが酒井監督の考えだ。
 プロ野球中継のスローVTRを見ていると、手首が反っているように見えるかもしれないが、結果としてそうなっているだけで、無意識のなかでの動作だという。あえて、手首を固めて投げてみよう。

手首を柔らかく使うとすると、指が反り、力が伝わりにくい

手首を柔らかく使うとすると、指が反り、力が伝わりにくい

手首をあえてロックすることで、ボールに指の力をすべて伝える

手首をあえてロックすることで、ボールに指の力をすべて伝える

これでカンペキ!

イラスト アカハナドラゴン
文 大利実 落合初春

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方