週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

投手2位のソフトバンク・五十嵐亮太が脱落! 高額年俸をもらっているのになぜケガばかり!?

 今回で4週目を迎える「オコエポイント」バトル。高額年俸選手たちがコスパを競う。

 ≪1オコエ=1000万円≫


 実際のオコエの年俸は1200万円だが、便宜上1000万円に設定。「1オコエ」という単位を勝手に設定し、コスパ、オコエとの活躍度の差を競っている。現在、レースに参加しているのは、以下の選手だ。

★投手
黒田博樹=60オコエ
金子千尋=50オコエ
和田毅=40オコエ
山口鉄也=32オコエ
平野佳寿=30オコエ(NEW)

★野手
中村剛也=41オコエ
鳥谷敬=40オコエ
内川聖一=33オコエ
村田修一=30オコエ
糸井嘉男=28オコエ

 選手名の横にある≪◎オコエ≫は年俸を表す。黒田であれば、60オコエ=6億円。つまり、オコエ60人分の資本をもって、雇われているわけだ。

 しかし、今回もメンバーチェンジが発生。前回まで投手2位に付けていた五十嵐亮太(ソフトバンク/35オコエ)が肉離れでOUT。2軍降格のため、日本人投手年俸次点の平野佳寿(オリックス)がレースに参加する。

 それにしても、高額年俸選手が1軍からどんどん姿を消しているのはいかがなものか……。開幕時点での離脱も含め、本来レースにエントリーしていた高年俸選手を列挙してみた。


攝津正=40オコエ
松坂大輔=40オコエ
内海哲也=40オコエ
中島宏之=35オコエ
五十嵐亮太=35オコエ
阿部慎之介=32.6オコエ

 ケガで離脱中の選手もいるが、もはや2軍で高額年俸コスパレースが開催できそうだ……。さて先週のランキング変化は!?

≪活躍に応じて獲得できるポイント≫

【投手】
1勝=10pt
1QS=10pt
1ホールドまたは1セーブ=10pt
※リリーフでの勝利はノーカウント

【野手】 (塁打数+四死球+盗塁)pt

 このポイントを元に、1pt獲得あたりオコエ何人分のコストがかかるのか、オコエ何人分の活躍をしているのか(オコエ比)を測る。
※順位は1ptあたりのオコエ=コスパ順 成績は4月24日時点


★オコエ比基準
オコエ瑠偉[年俸1オコエ]
塁打数0+四死球1+盗塁1=2pt
<4月24日現在、2ptでオコエ1人分の活躍>

 ケガ人続出のチーム事情もあり、オコエ自身はファームで調整中。2軍では初本塁打も記録したが、あくまでptは1軍での成績。早く再昇格を果たし、超一流選手のオコエ比を脅かしたいところだ。

★投手オコエptランキング


≪1位≫(NEW)
平野佳寿[年俸30オコエ]

11登板1勝1敗4H4S=80pt
1Hあたり→7.5オコエ
1Sあたり→7.5オコエ

1ptあたり:年俸30オコエ÷80pt=0.38オコエ
オコエ比:80pt÷2pt=オコエ40人分の活躍

 五十嵐亮太の負傷で今週からレースに飛び込んだ平野。前回は新加入の山口がいきなりトップに輝いたが、平野はさらに上をいく80pt保持でトップスタートになった。チーム状況が悪い中、ここまで防御率0.77で孤軍奮闘。年俸<オコエ比。オコエ30人分の給料で40人分の活躍を見せている。

≪2位≫(↓)
山口鉄也[年俸32オコエ]

11登板0勝1敗7H=70pt
1Hあたり→4.6オコエ

1ptあたり:年俸32オコエ÷70pt=0.46オコエ
オコエ比:70pt÷2pt=オコエ35人分の活躍

 先週は2試合の登板機会を得て、しっかり無失点で2ホールド。22日のDeNA戦では今季初の2イニングを投げ、70ptに伸ばした。こちらも平野と同様、年俸<オコエ比。オコエ32人分の年俸で、35人分の活躍をしており、申し分ないといえるだろう。

≪3位≫(→)
和田毅[年俸40オコエ]

4登板2勝1敗3QS=50pt
1勝あたり→20オコエ

1ptあたり:0.80オコエ
オコエ比:オコエ25人分の活躍

 20日のロッテ戦で完封勝利。元メジャーの実力を印象付ける投球で20ptゲット。

≪4位≫(→)
黒田博樹[年俸60オコエ]

5登板3勝1敗3QS=60pt
1勝あたり→20オコエ

1ptあたり:年俸60オコエ÷60pt=1.00オコエ
オコエ比:60pt÷2pt=オコエ30人分の活躍

 23日の阪神戦で7回無失点勝利を果たし、QSと合わせて20pt獲得した。断トツ高年俸のため、ランキングは上がらないが、安定感はさすが。

≪5位≫(→)
金子千尋[年俸50オコエ]

5登板0勝2敗3QS=30pt
1勝あたり→∞オコエ

1ptあたり:年俸50オコエ÷30pt=1.67オコエ
オコエ比:30pt÷2pt=オコエ15人分の活躍

 23日のロッテ戦では7回1失点。ようやくエースらしいピッチングを見せたが、味方打線の援護なく勝ち星はいまだになし……。QSで10ptを乗せたが、チームの復調と歩調を合わせて、上昇を期したい。


★野手オコエptランキング


≪1位≫(→)
糸井嘉男[年俸28オコエ]

塁打数43+四死球9+盗塁4=56pt

1ptあたり:年俸28オコエ÷56pt=0.50オコエ
オコエ比:56pt÷2pt=オコエ28人分の活躍

 最悪の状態から脱したオリックス。中心になっているのはやはりこの男だ。先週も2本塁打を放つなど、16pt獲得。オコエ比が年俸と並んでおり、コスパも極めて良好だ。

≪2位≫(↑)
内川聖一[年俸33オコエ]

塁打数39+四死球9+盗塁2=50pt

1ptあたり:年俸33オコエ÷50pt=0.67オコエ
オコエ比:50pt÷2pt=オコエ25人分の活躍

 先週も7安打(うち1本塁打)の堅実さで塁打を伸ばすと、まさかの2盗塁で50pt到達。ポイントで上回りながらも年俸差で後塵を拝していた村田を見事にぶち抜いた。

≪3位≫(↓)
村田修一[年俸30オコエ]

塁打数39+四死球5+盗塁0=44pt

1ptあたり:年俸30オコエ÷44pt=0.68オコエ
オコエ比:44pt÷2pt=オコエ22人分の活躍

 熊本地震の影響で九州シリーズが中止となり、先週はわずか3試合だったが、その中でも4安打(うち2二塁打)で6ptを獲得。打率.299。近年の不甲斐ない姿にはおさらば。本格的に復活。あとは本塁打がほしい。

≪4位≫(→)
中村剛也[年俸41オコエ]

塁打数39+四死球10+盗塁0=49pt

1ptあたり:年俸41オコエ÷41pt=0.84オコエ
オコエ比:49pt÷2pt=オコエ24.5人分の活躍

 先週は21日の日本ハム戦で死球を受け途中交代。またもや、高額年俸選手の離脱かと思われたが、中1日、代打で復活し、三塁打を放った。無事是名馬。

≪5位≫(→)
鳥谷敬[年俸40オコエ]

塁打数25+四死球17+盗塁2=44pt

1ptあたり:年俸40オコエ÷44pt=0.91オコエ
オコエ比:44pt÷2pt=オコエ22人分の活躍

 長きスランプからようやくお目覚めの気配。先週は7安打で打率2割台に復帰、今季初の本塁打も飛び出し、15ptを獲得。気がつけば上位のお尻が見えてきた。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方