週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

田中広輔&菊池涼介は打率1割台……広島3連覇に黄信号? オープン戦不振で心配な選手は?

田中広輔&菊池涼介は打率1割台……広島3連覇に黄信号? オープン戦不振で心配な選手は?

 待ちに待ったプロ野球開幕。今季も熱いペナントレースが幕を開けるが、なかにはオープン戦で結果を残せず、ファンを不安にさせる選手も……。オープン戦で不振だった選手を紹介しよう。

タナキクが打率1割台……


 セ・リーグ3連覇を目指す広島は田中広輔と菊池涼介の1、2番コンビが打率1割台に沈んだ。両者ともに34打数6安打で打率.176……。実績もあるだけにこのまま終わるとは思えないが、少し心配だ。

 広島では薮田和樹、岡田明丈、大瀬良大地ら先発ローテも制球が定まらないシーンが目立った。昨季同様にしぶとく勝利を積み重ねたいが、「優勝は広島で決まり」とは言い切るのは心配になってきた。

春が苦手な山川穂高


 昨季後半にブレイクを果たした山川穂高(西武)も不振にあえいだ。16試合に出場し、打率.136。最終盤はいい当たりもあり、2本塁打を記録したが、それでも本調子とは言えないだろう。中軸を任されそうだが、これまで開幕スタートダッシュに失敗してきたこともあり心配だ。

 ベテラン勢では阿部慎之助(巨人)が打率.107と絶不調。高橋由伸監督は岡本和真を開幕スタメンに起用することを明言しており、ケガ以外ではキャリアではじめて開幕スタメンを逃すことになりそうだ。ベテランらしく、復調できるか。


冴えなかった若虎たち


 金本知憲監督の下、「超変革」を謳い若手への世代交代が推し進められている阪神も評価を下げている。大きな原因は若虎たちの元気のなさだ。昨季20本塁打の中谷将大は打率.143、0本塁打でオープン戦をフィニッシュ。大山悠輔も打率.208、高山俊も打率.226と十分な出場機会があったにも関わらず、関西メディアを盛り上げるような活躍はできなかった。

 確固たる主力ならまだわかるのだが、オープン戦から結果を残さないといけない選手たちが不振に終わったのは痛手。本人たちももちろん、オープン戦からガンガンいくつもりだったはず。開幕後はそのギャップを埋める作業になりそうだ。

 ほかにも不振選手を挙げればキリがないが、シーズンでは大活躍というケースも少なくない。開幕後はオープン戦での成績を見ながら選手を追うのも一興だ。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方