週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

パ・リーグ3連覇に必要不可欠な男! ソフトバンクのベンチには、城所龍磨がいる!


 試合の終盤。選手交代のアナウンスに応援団やファンから大きな歓声が飛ぶ。

 チャンスに登場する代打の切り札。リードしての最終回にストッパー登板。

 そんな勝負を決める大一番で登場する選手に対して、負けず劣らずの大声援を受ける選手がいる。

「選手の交代をお知らせします。ライト〇〇に替わりまして城所」

 彼の名は城所龍磨。福岡ソフトバンクホークスのスーパーサブだ。

2011年は108試合に出場


 2003年ドラフト2位でダイエーホークス(当時)に入団。チームトップレベルの走力と広い守備範囲と強肩で、代走や守備固めとして活躍。特にリーグ連覇を果たした2010、2011年は、ホセ・オーティズ、多村仁志、松中信彦、内川聖一と、守備より打撃中心の布陣のケースが多く、それぞれのシーズンで城所は95試合、108試合に出場。

 いずれの年も2ケタ盗塁に無失策。チームに欠かせないスーパーサブぶりを見せた。

 走って守って頼りになる男だが、時にはボーンヘッドを犯してしまうのはご愛敬。プロ2年目に1軍登録されて初出場は代走で出場。打球を足に当ててしまい、守備妨害でアウトという、ある意味インパクト大のデビューを飾った。

 2014年にはヒット性の当たりに飛び込むも、打球を後逸して中田賢一の完封勝利をフイにしてしまった。

 もちろんミスはチームの士気が下がるし、ファンだってその時は怒りを爆発させる。翌日の試合終盤から城所が出てくると、「大丈夫か…」と、心の中で思いながらも、大きな拍手と声援を送ってしまう。そんな憎めない男が城所だ。

イチローも着用したキドコロ待機中Tシャツ


 2014年秋には【キドコロ待機中】なるTシャツが発売された。翌2015年3月に、イチローがキャンプでそのTシャツを着たことが話題になった。

 ところが肝心の城所は、骨折でリハビリ中。骨折が完治後、8月に1軍昇格も、復帰初戦の走塁中に左肩を脱臼して、出場は僅か1試合に終わってしまった。

【キドコロ待機中】の待機の部分に【骨折】という文字を入れたTシャツやタオルが、ヤフオクドームのライトスタンドのアチコチで見られたシーズンだった。


プロ13年目でFA取得


 2016年は開幕1軍入りを果たすも、ここまでの出場は僅か10試合(4月25日現在)の城所。

 内川が一塁にコンバートされ、外野は中村晃、柳田悠岐、福田秀平と守備力の高い3人が先発することが多く、なかなか出番が回ってこないなか、4月19日には国内フリーエージェント権を獲得した。

 報道によれば、FA権行使は全く考えていないとのこと。パ・リーグ3連覇へ向けて、いかなる場面でも出番がある限り、いつでも城所は待機している。


文=溝手孝司(みぞて・たかし)
札幌在住。ライター、イベント関連など、スポーツ関連の仕事を精力的にこなしている。北海道生まれなのに、ホークスファン歴約40年。ゴールデンウイークは、札幌ドームの完全アウエー状態の中でホークスを応援する予定。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方