週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

若返りは監督だけじゃない? プロ野球12球団「スタッフ年齢」からみるチームの実情


「若き新指揮官同士の戦い」

 3月6日、まだオープン戦とはいえ、ファンもメディアも注目する戦いが行われた。ともに今季、新指揮官を旗印にチーム改革に挑む巨人、阪神による「伝統の一戦」だ。

 高橋由伸、金本知憲両監督以外でも、今季のセ・リーグは指揮官が全員40代、ということが話題となっている。一方、パ・リーグ勢の指揮官は全員が50代以上となった。だが、チーム運営は監督ひとりで行うわけではない。そのまわりを固めるコーチたちの顔ぶれもまた重要だ。そこで、各球団の「一軍コーチスタッフ」の平均年齢を算出し、どのチームの「ベンチが若い」のかを探ってみたい(以下、年齢は2016年の満年齢)。

まずは12球団の監督年齢をおさらい


<セ・リーグ>
ヤクルト:真中満監督(45歳)
巨人:高橋由伸監督(41歳)
阪神:金本知憲監督(48歳)
広島:緒方孝市監督(48歳)
中日:谷繁元信監督(46歳)
DeNA:アレックス・ラミレス監督(42歳)


<パ・リーグ>
ソフトバンク:工藤公康監督(53歳)
日本ハム:栗山英樹監督(55歳)
千葉ロッテ:伊東勤監督(54歳)
埼玉西武:田邊徳雄監督(50歳)
オリックス:福良淳一監督(56歳)
楽天:梨田昌孝監督(63歳)

 セ・リーグで監督全員が40代以下、というのは1980年以来、実に36年ぶりの珍事だ。一方、もっとも球団史が浅く、スタジアム改革などにも積極的な楽天だけが、唯一の60代監督となった。


首脳陣の平均年齢が一番若いチームは?


 指揮官の年齢にばかり注目するのではなく、陰日向で監督とチームを支える1軍コーチングスタッフの年齢構成も見てみたい。

<セ・リーグ>
ヤクルト
平均45歳(※昨季は平均44歳)

巨人
平均48.9歳(※昨季は平均48.9歳)

阪神
平均49.2歳(※昨季は平均52.3歳)

広島
平均45歳(※昨季は平均47.3歳)

中日
平均47.9歳(※昨季は平均50.9歳)

DeNA
平均43.9歳(※昨季は平均43.8歳)

「勝っているチームはいじるな」は勝負事の鉄則。昨季、セ・リーグを制したヤクルトは押尾健一戦略コーチ兼スコアラーをスタッフに加えた以外、コーチ人事は行わなかった(ただし、三木内野守備走塁コーチは今季からヘッドコーチも兼任)。その他、巨人とDeNAは横ばい。阪神、広島、中日の3球団は一気にベンチも若返ったことがわかる。


<パ・リーグ>
ソフトバンク
平均48.4歳(※昨季は平均48.8歳)

日本ハム
平均46.2歳(※昨季は平均47.8歳)

千葉ロッテ
平均48.1歳(※昨季は平均48.6歳)

埼玉西武
平均43.1歳(※昨季は平均44.5歳)

オリックス
平均50.1歳(※昨季は平均48.6歳)

楽天
平均53.3歳(※昨季は平均47.4歳)

 パ・リーグ覇者のソフトバンクは、吉井理人投手コーチが退団(今季から日本ハム投手コーチ)し、田之上慶三郎が投手コーチに就任。また、前年2人いたコンディショニングコーチを配置せず、倉野信次投手総合巡回コーチと関川浩一野手総合巡回コーチ、2人の巡回コーチを新設するなど、微修正ながら更なるチーム改革に余念がない。

 意外なところでは、千葉ロッテも大迫幸一フィジカルコーチが退任した以外、大きな変更点はなし。昨季3位という成績にそれなりの手応えを掴んでいる、ということか?

 結果次第でいつ更迭されるかわからないのがプロコーチの厳しさ。昨季、5位に沈んだオリックスは佐竹学外野守備走塁コーチ以外全てのコーチ人事を刷新。さらに最下位だった楽天は全員が入れ替わるという徹底ぶり。捲土重来のキッカケをコーチたちの「経験」に求めたのか、両球団とも平均年齢が昨季よりも大幅にあがり、12球団中この2球団だけ首脳陣平均年齢で50代以上となった。


その他、コーチ人事アラカルト


 今季の一軍コーチで最年長は巨人の内田順三打撃コーチで69歳。パ・リーグではソフトバンクの佐藤義則投手コーチの62歳だった。

 一方、最年少コーチはセ・リーグが中日の島村一輝打撃コーチ、および広島の迎祐一郎打撃コーチ補佐の35歳。パ・リーグでは埼玉西武の中野達也トレーニングコーチで33歳だった。

 注目としては、広島の東出輝裕打撃コーチと、中日の小山良男捕手コーチ、松坂世代から2人がコーチに名を連ねたこと。昨季もDeNAで小池正晃が外野守備走塁コーチを務めたが(※今季は2軍打撃コーチ)、今後はこの世代がコーチ主流派になりそうな気配だ。

 また、昨季3人いた「選手兼任コーチ」は、DeNA三浦大輔(投手コーチ)のみとなった。


 コーチの「年齢」で球団傾向を見ていたが、現役選手とは違い、コーチ陣にとって年を重ねることは「経験」という引き出しの数が多い、ということでもある。若さを選んだセ・リーグ、経験を重視したオリックスと楽天、それぞれ今季のペナントレースでどんなチーム運営を繰り広げてくれるのだろうか。

文=オグマナオト(おぐま・なおと)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方