週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【あの監督は高い? 安い?】プロ野球12球団“監督”年俸ランキング


 ストーブリーグ間近のプロ野球。FAをはじめ、今年も「お金の話」が球界を駆け巡る時期がやってきた。

 山田哲人の年俸3億円超え、黒田博樹の年俸6億円を超える選手は現れるのか、はたまた不調やケガからのトンでもない大減俸など、今年もお金をめぐるさまざまな楽しみな要素がある。

 しかし、球界の「お金の話」であまりクローズアップされることがないのが監督たちの年俸。チームをまとめ、タクトを振る監督たちはいくら年俸をもらっているのだろうか。

 2016年の監督たちの年俸をランキング形式で発表しよう。

(年俸は推定、中日・森繁和監督代行は詳細不明)

監督年俸ランキング2016


【1位】
1億2000万円
金本知憲監督(阪神)

【2位】
1億円
高橋由伸監督(巨人)
谷繁元信監督(中日)
工藤公康監督(ソフトバンク)
梨田昌孝監督(楽天)

【6位】
8000万円
伊東勤監督(ロッテ)

【7位】
7000万円
真中満監督(ヤクルト)
緒方孝市監督(広島)
ラミレス監督(DeNA)
栗山英樹監督(日本ハム)

【11位】
5000万円
田邊徳雄監督(西武)
福良淳一監督(オリックス)

1位は150パーセント増の阪神・金本監督


 2016年、日本球界で最も高額年俸だった監督は阪神・金本知憲監督だ。ファンからも待望論が出ており、「超変革」に乗り出した今季だったが、やや空回り。最後の最後に7連勝でシーズンを締めたが、初年度は4位に終わった。

 岡田彰布監督、真弓明信監督、和田豊監督と近年の阪神監督の推定年俸は8000万円。つまり、150パーセント増の大盤振る舞いで迎えられたわけだ。契約期間は3年。このままでは終われない。

 巨人・高橋由伸監督の年俸は1億円といわれている。しかし、選手時代の昨季の年俸は1億5000万円。チームの頭を任されたにも関わらず、大幅な減俸になるという選手と監督の年俸差が顕著に現れるケースとなった。

 同じく1億円勢では中日・谷繁元信監督もいたが、こちらは成績不振で休養(解任)。森繁和ヘッドコーチが監督代行に就任し、監督昇格が決まった。

 1軍コーチの平均的な年俸は1000万円前後と言われている。森監督は以前、「実は普通の2倍ぐらいもらっている」と語っており、これまでの実績を含めて、推定年俸は2000から3000万円とみられる。しかし、来季は監督昇格で大幅な年俸アップが確実だ。

 ストレスからかなりの確率で胃を壊すため、胃薬が必須とも言われる監督業。選手の年俸は上がり続けているが、“船長”たちの年俸にも注目したい。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方