週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

《変わりダネ球児ウオッチング》この夏、甲子園は「虎」がトレンド? リアル・ドカベンも登場!?


 折り返し地点を消化した今年の夏の甲子園。

 49の出場校からベンチ入りメンバー合わせて800人以上が登録されており、特徴的な選手をあちこちに見つけることができる。

 そこで改めて今大会に出場している球児のなかから、気になる特徴を持った選手をピックアップ

甲子園には虎が似合う?


 今年の登録メンバーの名前を見ていると、「虎」という字を使われている選手が多いことに気がつく。

 例を挙げると西山虎太郎(履正社)、小河虎之介(広島新庄)、平沢津虎輝(クラーク国際)。3日目に対戦した山梨学院と長崎商にはそれぞれ滝沢虎太朗と田中虎次郎がいた。

 今年の3年生が主に寅年生まれということもあるだろうが、甲子園は高校球児の聖地であるとともに阪神タイガースの聖地でもあるため、やはり虎を惹きつける模様。


マンガの世界から飛び出した!?


 高校野球のバイブルのひとつである『ドカベン』だが、今年の出場選手のなかにまさにリアルドカベンという選手がいる。それは京都翔英の捕手・石原彪(写真)。

 169センチ87キロという体格は、175センチ85キロだった高校時代のドカベン・山田太郎とほぼ重なる。

 高校通算42本塁打と体に違わぬ長打力も備えているので、山田太郎のようになれるか、その将来にも注目したい。

たゆまぬ努力の結果


 甲子園に初めて「両投げ両打ち」で登録された選手が登場。

 鶴岡東の工藤大輔という外野手で、元々は右投げ左打ちだったが右ヒジの故障を機に左投げを始めたことで左も使えるようになったそう。

 1回戦では1番センターで出場して2安打を放った。試合には敗れてしまったが、スイッチプレーヤーの今後が楽しみだ。


早くも来年が楽しみ!


 毎年、様々な球児が甲子園に挑むが、マンガもびっくりの今年も個性豊かなメンバーが揃っている。

 これから準決勝、決勝と続くなかで気の早い話だが、来年はどんな球児が飛び出すのか。たとえ鬼が笑っても楽しみでならない。


文=森田真悟(もりた・しんご)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方