週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

2013夏・岡山の有望投手を紹介します!

【岡山・投手編】ドラフト関連度 B

存在感示す関西・児山祐斗

 能力の高い投手がいると、その周囲の投手もつられるように力を発揮する。今年の岡山県を牽引しているのは、児山祐斗(関西)だろう。今春のセンバツでは、初戦で高知に敗れたものの、出場校の左腕の中で最速の140キロをマーク。長いリーチをしならせた独特の球筋もさることながら、必殺シンカーを織り交ぜたテクニックにも定評がある。児山に続けと中堅を守る2年生左腕・逢澤峻介も頭角を現しており、エースのもたらす相乗効果は大きい。

 今春の岡山大会で、その児山に投げ勝った技巧派左腕・菅野拓也(岡山城東)は無駄をなくしたフォーム改造が功を奏し、落ち着きのある投球で大金星を挙げた。さらに高い奪三振率を誇る中川一斗(玉野光南)、小柄ながら豪快な投球が光る2年生の大中優吾(倉敷商)など有望な左腕が続く。

 投手出身の高田康隆監督のもと、例年好投手を輩出する興譲館からも目が離せない。球に勢いがある144キロ右腕・佐竹星哉と緩急自在の投球で打者を翻弄する左腕・福島洸太が形成する左右ダブルエースに安定感が増したことは何よりも心強い。

 全国的に無名だが、ともに高い総合力を誇り、きれいなフォームから球がピュンピュンと伸びる藤本勇希(作陽)と大福聖弥(倉敷青陵)は万全の状態で挑めば、強豪相手の快投も十分にありえる。

 その他、ダイナミックなフォームから角度ある球を投げ込む野上陽太(岡山東商)、今春はベンチ外だったが、サイドハンドから140キロ超のストレートを投げる母里志稀(岡山県共生)など多彩な逸材がひしめく。

【注目選手】児山祐斗(関西)


記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方