週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

2013夏・岩手の有望投手を紹介します!

【岩手・投手編】ドラフト関連度B

先を走る松本、追う及川

 最注目は、2年生ながら、すでに県下ナンバーワンの評価を得る松本裕樹(盛岡大付)だろう。最速144キロのストレートに変化球も豊富。春の県大会も決勝のマウンドを任されるなど、指導者の信頼も厚い。2年生に主役を奪われてなるかと燃えているのが、同じ盛岡大付の背番号1・及川豪。多彩な変化球とクレバーな投球術に加え、冬の鍛錬で球速アップ。ともに刺激を受け合いながら、成長を続けている。

 大谷翔平の母校・花巻東には、中里優介がいる。ストレート、変化球とも県内トップクラスの左腕。テンポよく投げ込み、自分のペースに相手を巻き込んでいく。

 この他にも、左右いっぱいに使った配球が持ち味の長鈴悠平(盛岡四)、必殺球スライダーで翻弄する小野寺貴紀(一関一)、最速140キロを誇り、スタミナも抜群の晴山光(花北青雲)、下級生時から注目を集めてきた好左腕・菊地秀和(久慈)、気迫のピッチングでチームを準優勝に導いた齊藤弘(専大北上)などの3年生投手たちが、夏の頂上を目指し、しのぎを削る。

プロ注目右腕、最後の夏

 本来であれば、いの一番に名前が挙がるはずの投手。それが白鳥翔(一関学院)だ。2年生だった昨年から主戦格としてマウンドに立ち続けた剛腕。180センチを優に超える身長から投げ込むストレートは140キロを超える。成長した姿を見せたかったが、春の大会では背筋痛により、ほとんど登板することがなかった。完全復活した姿を夏に見せてくれることを切に願う。

【注目選手】及川豪(盛岡大付)


記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方