週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

柳田悠岐&デスパイネ(ソフトバンク)は何発? 今、見ておきたい「コンビ&トリオ」はこの4組だ!

柳田悠岐&デスパイネ(ソフトバンク)は何発? 今、見ておきたい「コンビ&トリオ」はこの4組だ!

 「ON」(王貞治、長嶋茂雄=巨人)、「AKD」(秋山幸二、清原和博、デストラーデ=西武)、「スーパーカートリオ」(高木豊、加藤博一、屋鋪要=大洋)、「アライバ」(荒木雅博、井端弘和=中日)など、プロ野球の歴史を彩ってきた名選手たちによるユニット。

 1人より2人、2人より3人というように、有力な選手がスクラムを組めばチームの勝利は限りなく近づき、相手チームとしては厄介なことこの上ない。

 今回は今季、ここまでの戦いでチーム力を増強させている注目ユニットを紹介したい。ずばり、今見ておきたいユニットは彼らだ!

日本とキューバの二大巨砲がスゴい!


 楽天と一騎打ちを演じているソフトバンクは、柳田悠岐とデスパイネの本塁打コンビが見もの。

 2人ともすでに20本塁打を放っているが、チーム内に20本塁打の打者を2人抱えるチームはセ・パ両リーグを通じてほかにない。それだけでツインバズーカの価値の高さがわかる。

 ちなみに、2人のアベックホームランは5月24日のロッテ戦(ヤフオク!ドーム)と6月8日のヤクルト戦(ヤフオク!ドーム)の2試合だけと意外に少ない。

 いずれの試合も大勝しているので、ファンはもっと2人のアベック本塁打を見てみたい気持ちが強いだろう。しかし、「どちらかが打つ」と補完し合うように打っている現状も、他球団にとっては脅威なはず。

 アベックホームランが少ないと嘆くのは、他球団にしてみればぜいたくな悩みだ。

赤ヘル打線の中核がスゴい!


 1試合平均4.78得点を奪った昨季以上の破壊力を見せつけ、今季は1試合平均5.39得点を奪っている広島。その原動力となっているのが鈴木誠也、エルドレッド、丸佳浩の赤ヘル打線の中核を担うトリオだ。

 打点ランキング首位タイの鈴木誠也が61打点。21本塁打に得点圏打率.381のエルドレッドが57打点、得点圏打率.360の丸が52打点と、3人で170打点を荒稼ぎしている。

 セ・リーグのほかのチームでは、打撃陣が充実してきたDeNAのロペス(61打点)、筒香嘉智(43打点)、戸柱恭孝(40打点)のトリオが健闘。3人で144打点を挙げているが、広島の破壊力には及ばない。

 広島に唯一対抗できるのはソフトバンクの中軸。柳田(67打点)、デスパイネ(59打点)、内川聖一(45打点)が171打点と合計では広島を1打点上回っている。しかし、トリオが揃って50打点以上挙げているのは広島だけだ。

 また、そのトリオのうち2人が高卒野手というのも広島ならでは。育成力の高さを示す結果が出ている。


獅子の竜の韋駄天コンビがスゴい!



 続いては盗塁を見ていこう。セ・リーグは田中広輔(広島)と大島洋平(中日)が16個で1位タイ。パ・リーグは西川遥輝(日本ハム)が23個で首位に立っている。

 ただ、コンビという観点だと、西武と中日が注目だ。

 西武はルーキー・源田壮亮がランキング2位の22盗塁、外崎修汰が3位の13盗塁で2人合わせて35盗塁。中日は大島の16盗塁に2位・京田陽大の15盗塁を合わせて31盗塁と、足で相手バッテリーをかく乱中だ。

 なお、2ケタ盗塁を記録する選手が2人いるチームは西武と中日のみ。

 西川(23盗塁)と田中賢介(7盗塁)の日本ハムコンビも30盗塁に達しているが、田中の盗塁数はやや物足りず、西川頼みの感は否めない。コンビで盗塁数を伸ばしてこそ、相乗効果がより発揮されるというものだろう。

 西武と中日の快速コンビがどこまで盗塁数を伸ばし、コンビとしての相乗効果を上げていくのか注目したい。


いつか、伝説と呼ばれる存在に


 1人の選手が1シーズン通じての好成績を残すだけでも大変なプロ野球。それだけに名ユニットの出現は奇跡のようなものだろうか。

 1+1が2どころか、3にも4にもなるユニット。そうそうお目にかかれるものではなく、ファンはロマンを感じ、熱狂するのだろう。

 今回紹介したユニットは、レジェンドという名の山をどこまで登ってゆけるだろうか。今季の残り、そして来季以降にも思いを馳せたい。

(成績、結果は7月5日現在)


文=森田真悟(もりた・しんご)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方