週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

原口文仁、鳥谷敬のコンバートで混迷! 鳥谷「二塁or三塁プラン」で阪神の開幕スタメンを考えてみた


 キャンプを終えたばかりにも関わらず、阪神の内野に地殻変動が起きている。

 きっかけは新外国人・キャンベルの左手痛による離脱。キャンプ中の評判もイマイチだったが、それはさておき、内野のレギュラー候補が一人減ってしまったわけだ。

 布陣を見ると、まずは昨季ブレイクを果たした原口文仁の本格的な一塁コンバートが決定。続いて遊撃手争いで北條史也に遅れをとった鳥谷敬がオープン戦で二塁を守った。ちなみに鳥谷はWBCで二塁を守ったことはあるが、ほとんど二塁のキャリアがない。

 このままいくと阪神の開幕スタメンはどうなるのだろうか? 苦しいながらも、鳥谷が二塁を守る場合と三塁を守る場合の2プランで予想してみた。

【鳥谷二塁プラン】阪神開幕スタメン


1(左翼)高山俊
2(遊撃)北條史也
3(中堅)糸井嘉男
4(右翼)福留孝介
5(一塁)原口文仁
6(二塁)鳥谷敬
7(三塁)大山悠輔ほか
8(捕手)梅野隆太郎/坂本誠志郎

 1番、2番、3番の入れ替わりはあるかもしれないが、鳥谷が二塁を守る場合は、おそらくこれに近い形になるのではないだろうか?

 三塁は調子を上げてきたドラ1・大山にしたが、キャンベル、新井良太、今成亮太、中谷将大と誰が入っても、開幕から鳥谷より下の打順に据えられるだろう。

阪神開幕スタメン【鳥谷三塁プラン】


1(左翼)高山俊
2(遊撃)北條史也
3(中堅)糸井嘉男
4(右翼)福留孝介
5(一塁)原口文仁
6(三塁)鳥谷敬
7(二塁)上本博紀ほか
8(捕手)梅野隆太郎/坂本誠志郎

 鳥谷が経験のある三塁に入った場合も、やはり打順は6番になりそうだ。若手育成を重視する金本知憲監督の方針から察すると、やはり北條は上位打線で使いたいはず。左右の組み合わせを考えても、鳥谷・6番がベターという結論になりそうだ。

 遊撃一本を金本監督に直訴していた鳥谷だが、現時点では「6番・二塁or三塁」というのが現実的なポジションだ。オープン戦で高山、北條を打撃面で上回り、まずは上位打線奪還がミッション。ショート奪還までの道のりは思ったよりも長そうだ。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方