週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

バリバリメジャーリーガー・青木宣親の価値は!? メジャー6年間の実績を振り返る

バリバリメジャーリーガー・青木宣親の価値は!? メジャー6年間の実績を振り返る

 昨季は最下位に沈み、悲痛な状況だったヤクルト。しかし、1月末に大ニュースが飛び込んできた。青木宣親の復帰だ。

 外野陣にはバレンティン、坂口智隆、雄平がいるが、青木の加入で層はさらに厚くなるだろう。

 青木は日本人野手では珍しく、メジャー6年間で成功し続けた男である。昨季もメジャー3球団で110試合に出場。打率.277、出塁率.335をマークしている。

 あらためてノリ・アオキのメジャー6年間の成績を振り返ってみたい。

各スタッツで日本人メジャーリーガー上位にランクイン!


 これまでにメジャーリーグでプレーした日本人選手は14人。さまざまなスタッツにおける、青木の順位を調べてみた。

■出場数
759試合(3位)

■安打
774安打(3位)

■通算打率
通算打率.285(2位)

■本塁打
33本塁打(6位)

■盗塁数
98盗塁(3位)

 イチロー(マーリンズからFA)、松井秀喜(元ヤンキースほか)は別格だが、出場数、安打数はともに2人に次ぐ日本人3位にランクイン。盗塁数では7年在籍の松井稼頭央(西武)の102盗塁には及ばなかったが、シーズン30盗塁以上を記録したのはイチロー、松井稼、青木の3人のみ。世界に通用するスピードを持っていた。35歳で迎えた昨季も10盗塁を記録し、まだまだ足はサビついていない。

両翼経験もヤクルトにはプラス


 日本時代は「1番・センター」のイメージがあるが、メジャーでは両翼での起用が多かった。

 レフトで267試合、センターで38試合、ライトで424試合に出場。特に2015年以降はレフトでの出場が多いが、この経験はヤクルトにとってはプラスだ。レフトは守備に関しては大穴・バレンティンが務めているが、試合終盤に青木がレフトに移ることも可能だ。

 多くの経験を積んで帰ってきた青木宣親。どんな活躍を見せるのか、今から楽しみだ。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方