週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2019年夏の甲子園 宮崎みどころ】川島を追い越せと投手のレベルがアップ 俊足ランナー対強肩捕手の構図も面白い

投手編〜世代の中心・川島の存在感

川島隆志
 好投手が出現すると、その周囲も実力以上の力を発揮する。その中心にいるのが左腕の川島隆志(宮崎第一)だろう。春の県大会では全5試合を投げ抜き、圧倒的な存在感を見せつけた。特にストレートのキレは出色で、強豪校の主軸でさえ「とらえた」と思っても差し込まれてしまうほどだ。

 その川島と準決勝で火花を散らしたのが武藤敦貴(都城東)だ。左腕対決では四球や失策で自責点こそ許したが、4回を被安打1と好投。ケガの影響で大会初登板とは思えない力を披露した。チームには緩急自在の下手投げ・横山龍ノ介、招待野球で146キロをマークした2年生の有馬太玖登ら多彩な右腕も控えており、他校もうらやむ投手陣を築く。

 右腕では県内屈指のパワーを誇る今田雄大と下級生時から140キロ超を叩き出している日太勢の宮崎日大コンビ、キレのあるボールを低めに集約できる鶴田幸多郎(小林西)、内角へズバッと決められる黒木拓馬(富島)ら旧チームから経験豊かな逸材の投球に期待が高まる。

 将来性なら左右の逸材も面白い。合理的なフォームから球が伸びる右腕・松下瑛亮(宮崎学園)、クロスファイアーの球筋が光る2年生左腕・辰嶋優(日南学園)はともに180センチ超と角度もあり、化ける可能性を秘めている。

 その他、140キロ前後のストレートで攻め込む川野裕真(都城工)、高いポテンシャルを誇る坂本武蔵(門川)、高鍋農戦で7回参考記録ながら完全試合を達成した技巧派左腕・岩切寛人(鵬翔)など多彩な好投手がひしめく。

野手編〜快足トリオに厳重警戒

平野大和
 日章学園の快足トリオには各校も厳重警戒が必要だ。強打のファイター・平野大和は4月の西日本短大付戦で9回二死から中越えの猛打球を披露。すぐさまトップギアに入れた快足で三塁打にし、スタンドをざわつかせた。先頭から50メートル走5秒後半を誇る森永光洋、福山凛、平野が並べば、対戦校もやりづらいことだろう。

 扇の要に目を向けると、とっさの動き&強肩で二塁送球タイム1秒83をマークする黒田直人(富島)が目を惹く。昨春の甲子園を経験するなど下級生時からマスクを被るだけあって、配球を読んだ果敢な攻撃力も要注目だ。
 他にも通算20弾超のハードパンチャー・坂木克将(宮崎日大)、勝負強さが際立つ高橋汰空(小林西)、凄まじい打球を放つ2年生の吉村諒人(延岡学園)と県内各地に好捕手が点在する。さらには投手も兼任する鬼塚大河(福島)という無名の逸材からも目が離せない。

 無名と言えば、強力なエンジンを搭載する2年生の馬庭大器(都城商)、球際の強さが光る堅守の野村元希(日向)はともに見所のある遊撃手だ。
 同じく遊撃手には県内屈指のトータルバランスを誇る松浦佑星(富島)と浦林祐佑(小林西)がいるだけに今夏は一芸で猛アピールしたい。

 その他、高い出塁率を誇る俊足巧打の外野手・有川倫太郎(宮崎第一)、投打にパワーがみなぎる坂元稜(都城西)、勝負強さに定評がある俊足の木原佑哉(聖心ウルスラ学園)らも最後の夏に一暴れしそうだ。

大会展望〜どこが抜け出してもおかしくない

宮崎地区勢力ピラミッド
センバツ出場校の日章学園、春の県大会で41季ぶりに優勝した小林西、好左腕・川島隆志を擁する宮崎第一、この3校が秋春の県大会で決勝に駒を進めているが、各校の戦力が均衡しており、どこが抜け出してもおかしくない。
不気味なのが、1年生大会を制した世代が最上級生となった富島、その富島に秋春とも僅差で敗れている延岡学園、昨秋の鵬翔戦で23安打をマークした日南学園の3校。
それぞれ昨年の甲子園出場校だけにいかに巻き返しを図るのかにも注目が集まる。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方