週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

《野球太郎ストーリーズ》オリックス2015年ドラフト1位、吉田正尚。パワフルな打撃で長打を量産するスラッガー(1)

取材・文=高木遊

オリックス2015年ドラフト1位、吉田正尚
糸井嘉男、T−岡田ら外野陣に割って入るレギュラー候補としてオリックスが獲得したのは大学日本代表の4番打者。ここ一番の勝負強さは折り紙つきの長距離砲は、ライバルたちに刺激されながら才能を伸ばした。

吉田正尚プロフィール

最後の秋に三冠王


「4年間は本当に早かったですね。もう終わりかという気分です」

 吉田は大学野球生活を終え、しみじみと振り返った。

 昨秋の1部2部入替戦で敗れ、今春から東都大学2部リーグで戦うこととなった青山学院大。

 舞台は、学生野球の聖地である神宮球場から各大学のグラウンドに移ったが、チームの主砲として吉田は黙々とバットを振り続け、最後の秋には、打率.400、5本塁打15打点という成績を残し、2部リーグの三冠王に輝いた。

 また1部6季、2部2季を合わせた参考記録ではあるが、4年間の通算安打は、節目の100安打を超えた。

 吉田は、「記録のためにやっているわけではないですが」と前置きした上で、「どうしても2部で(三冠王)だったり、2部も合わせて(100安打)なので、そこまでの嬉しさはないですね」と冷静だったが、プロへのアピールという意味では、十分なものだった。

 そして迎えた2015年のドラフト会議当日。開始から3番目となるオリックスのドラフト1位として、吉田正尚の名は読み上げられた。

向上した守備


 今春も打率.389、3本塁打10打点と好成績を残した吉田は、大学日本代表の4番としても今夏のユニバーシアードで4試合5打点と活躍。大学日本代表として初めての金メダル獲得に貢献した。また、壮行試合のNPB選抜戦では橋光成(西武)から文句なしの本塁打を放ち、高校日本代表の壮行試合の相手を務めた試合でも2本塁打。注目度の高い試合でことごとく結果を残した。

 それでも吉田は、今秋に新たな取り組みを始め、試行錯誤した。それが打球にバックスピンをかけることだ。

 常々「自分は体が小さいので、力を逃さずに最大限出せるようにしています」と口にしていたが、打球の飛距離を伸ばすために、自らの意向で取り入れた。

 秋季リーグ2カード目の立正大戦では、3試合で13打数1安打という結果に終わるなど、習得は簡単ではなかったが、「結果が出ず、モヤモヤした気持ちはありますが、凡退の内容は悪くありません」と挑戦を貫いた。

 そしてその成果が表れたのが、3カード目の東洋大戦だ。

 東洋大のエースは「2部で数少ない、同じ目標を持っていた選手だったので、対戦を楽しみにすることが大きなモチーベーションにもなっていました」と吉田が語る原樹理(ヤクルト・ドラフト1位指名)。

 このドラフト上位候補同士の対戦を見ようと、東洋大グラウンドのバックネット裏には6球団15人のスカウトが詰めかけた。

 その第1打席。吉田はフルカウントから原がインハイに投じた146キロのストレートをフルスイングすると、打った瞬間に「おお」とスカウトが声を挙げるほど文句なしの一発をライトスタンドに叩き込んだ。

 この一発には「力のある高めのボールをしっかり仕留めた。打撃で一軍を穫れますね」と話すスカウトもいるなど、この試合で評価をさらに高めた。

 しかし、その本塁打とは別の打席で吉田の評価を高めた人物がいた。それがライトスタンドでこの試合を見つめていたオリックスの加藤康幸編成部長だった。

 加藤編成部長は野球経験こそないものの、ダイエー(現ソフトバンク)時代の王貞治監督のもとで監督付を務め、楽天ではチーム統括本部長として、球団創設初の日本一に貢献。2014年からオリックスの同職を務めている。

 担当の中川隆治スカウトからのレポートなどをもとに、既に吉田を1位指名する方針でいたが、その確信を深めたのが第2打席だ。

 カウント1ボール1ストライクから、原が投じたインローに食い込むスライダーに、吉田は体をギリギリまで残し、ライトへ大きなファウルを放った。

 これを見て、加藤編成部長は1位指名の方針を確固たるものにしたと話す。「昔から王さんが、“ポール際にバックスピンの効いた打球を打てる選手”をいいバッターの条件のひとつにしていましたので、あのファウルを見て決めましたね。ほかのファウルも振り遅れのようなものはなかったですし、間近でライトの守備を見ていても、守備に取り組む姿勢や体のポテンシャルに問題がないと判断しました」と、当時を振り返った。

次号「貪欲な姿勢で向上した守備」

(※本稿は2015年9月発売『野球太郎No.017 2015ドラフト総決算&2016大展望号』に掲載された「32選手の野球人生ドキュメント 野球太郎ストーリーズ」から、ライター・高木遊氏が執筆した記事をリライト、転載したものです。)

野球太郎ストーリーズ

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方