週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2019年夏の甲子園 熊本みどころ】魅力一杯の浅田、最速はどこまで伸びる 九学コンビは打撃も守備も見逃し厳禁!

投手編〜豊富な質量も浅田が断トツ

浅田将汰
 最注目は浅田将汰(有明)だ。最速148キロのストレートに加え、スライダー、カットボール、チェンジアップ、カーブといった変化球の制球力も素晴らしい。特にフィニッシュに用いるタテのスライダーにバットが止まる高校生は全国でも数少ないはず。また、同僚左腕の森田航生も120キロ台のストレートとカーブ、スライダーのキレがよく、たとえ浅田不在でもエースを張れる力がある。

 甲子園を経験した霜上幸太郎(熊本西)も評価が上昇中。左打者を手玉に取るカット系スライダーが切れ味を増しており、九州大会の準決勝では2回途中から7回1/3を投げ、左の強打者が並ぶ西日本短大付の打線をボテボテの内野安打1本に抑えた。

 春季県大会決勝で浅田に投げ勝った田山裕輝(球磨工)は、138キロのストレートを低めにまとめる制球力の高さが際立つ。スライダーやチェンジアップを両角へと散らしながらストライクを先行させる投球術も持ち味だ。

 上田恭平(八代)は最速130キロ台のストレートでも臆することがない投げっぷりのよさが目立つ。切れるチェンジアップの使い方が絶妙で、フィールディングのうまさも目を惹く。青柳光輝(専大玉名)は試合の中でのギアの上げ下げが絶妙で、2年生ながらも老練に試合を組み立てる。また、最速125キロながらシュートとシンカーを駆使して、グシャリグシャリと詰まらせる田島知弥(菊池)の投球も見応えがある。

 名門の左腕エース・林彪太郎(熊本工)はブレーキの効いたカーブとスライダーにキレが戻ってきた。スピード系ならこの両右腕も忘れてはいけない。蒔田稔(九州学院)は140キロ台前半のストレートに球威が備わり、秋に浅田との投げ合いを制した崎村太陽(秀岳館)も140キロ台中盤のストレートで押す投球が健在だ。

野手編〜強打攻守のタレントが台頭

川野涼多
 熊本工のセンターラインも面白い。捕手の青山典勢は身のこなしの軽やかさと送球の正確性がピカイチで、二塁手の田中亮誠は内野の頭上を越え、外野の間を破る確実性の高い打撃と広いエリアをカバーできる守備範囲が光る。4番を打つ内田雄大のパンチ力も相手の戦意を削ぐだけの説得力がある。

 岩井景登(東海大熊本星翔)は昨夏の甲子園で逆方向に3安打したバットコントロールのよさがあり、昨年は1年生ながらレギュラーだった木原仁千嘉は小気味よい守備が目を惹く。
 上田龍弘(城北)は捕球から送球までが速く、捕手全般に求められる守備力も備えている。ヒジの故障が癒えればスタンドを大いに沸かせてくれることだろう。

 走攻守に秀でた川野涼多(九州学院)は打球に強さが出てきた。チャージのスピードに代表される守備力は世代トップクラスだ。また、スピードを生かした外野守備と春に3戦連発を披露した牛島希も、川野らとともに九州学院の強力打線を担っている。

 北村辰輝(有明)は1年ながら剛腕・浅田の“正妻”として非凡さを発揮。超高校レベルの変化球に対して慌てふためくところがまったくなく、浅田に気持ちよく腕を振らせている。

大会展望〜熊本西、逃げ切りなるか!?

熊本地区勢力ピラミッド
21世紀枠でセンバツに初出場した熊本西の実力が明らかに増している。
春の九州大会では強打の真颯館、大分工を破り4強へ。
霜上の好投もあり、優勝した西日本短大付には4対6の接戦を演じた。
ただ、先頭グループは横一線。
春優勝の球磨工に浅田を擁して春準優勝の有明、さらに秋に優勝し春は4強、RKK旗で優勝の熊本国府らが熊本西に襲いかかる。
熊本工、九州学院、秀岳館といった実績校に加え、夏連覇を狙う東海大熊本星翔も一気にまくるだけの力はある。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方