週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

気が早すぎる来シーズンオフの展望。中田翔(日本ハム)、牧田和久(西武)らFA取得予定選手をチェック!


 今オフも盛り上がったFA市場。岸孝之(西武→楽天)、山口俊(DeNA→巨人)、森福允彦(ソフトバンク→巨人)、陽岱鋼(日本ハム→巨人)、糸井嘉男(オリックス→阪神)の5名がFA移籍し、新たなスタートを切る。

 今季はFA移籍選手たちの活躍ぶりに注目が集まるが、同時に注目したいのが今季中にFA権を獲得しそうな選手たち。

 来オフの話題の中心になりそうな今季の“FA候補”をチェックしておこう。

今季中にFAを取得しそうな主な選手


■中田翔(日本ハム・27歳)


 間違いなく次のストーブリーグの「灯油」になるのはこの男。すでに阪神が熱視線を送っているという情報もある上、今季の阪神は一塁空席の様相。「中田翔を迎え入れる準備」という声も挙がっている。

 2億8000万円の年俸(推定)も日本ハムにとっては“卒業”に値する金額。日本ハムファンは、今年は「虎の恋人」報道に一喜一憂させられるだろう。

■牧田和久(西武店32歳)

 先発・リリーフどちらもこなせるタフネスサブマリン・牧田和久。今オフ、球団が2年契約を提示したものの、「1年1年が勝負」として単年で契約更新。人気銘柄になりそうだ。


■増井浩俊(日本ハム・32歳)

 昨季の日本一に貢献した増井浩俊もFA権取得濃厚。昨季はルーキーイヤー以来の先発転向で復活したが、今季は再び守護神を希望している。起用法次第ではFA権行使もあり得る。年俸も2億2000万円とやや高額。中田と同様、フロントが“卒業”と言い出してもおかしくない。

 同じく日本ハムでは谷元圭介(31歳)もFA権取得間近。年俸1億円到達でBランクだが、今季の活躍次第では注目銘柄になるかも知れない。

秋山翔吾、T-岡田は複数年で残留決定


 今季、FA権を取得できる選手のなかには秋山翔吾(西武・28歳)、T-岡田(オリックス・28歳)も含まれていたが、2人とも複数年契約で更新しており、ファンはひと安心といったところ。

 近年はFA流出を防ぐために複数年契約を提示するケースも多い。来オフは再来年の取得が濃厚な浅村栄斗(西武・26歳)の契約更改にも注目が集まるはずだ。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
2018ドラフト特集 野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方