週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

2013夏・長野の有望野手を紹介します!

【長野・野手編】ドラフト関連度 B

小川大樹にプロ注目

 昨夏の県大会で2本塁打、甲子園でも2安打を放った小川大樹(佐久長聖)はプロ注目のスラッガーだ。今春は打ち急いでいる感じで思わぬ不振だったが、スイングスピードは一級品。夏の大爆発に期待したい。

 1年生の夏から4番に座る山ア正樹(松商学園)の強打は小川と双璧。右中間深くに柔らかく運ぶ技術は北信越屈指だろう。負担を減らすために捕手から一塁に回った守備でも、投手に積極的に声をかけ、チームを牽引している。

 捕手の注目株は妹尾洋佑(東京都市大塩尻)だ。183センチ99キロの巨体だがフットワーク軽く、肩も悪くない。打撃はパワフルだが、寺沢(佐久長聖)に3三振を喫したようにレベルの高い投手にどう対応するかが課題だ。捕手では黒岩駿(長野日大)も必見。1年生時から活躍するディフェンス型の司令塔で、頭脳プレー、的確な判断力に定評がある。

 外野手では勝負強い吉田拓(東京都市大塩尻)と三拍子揃った草海直樹(松代)に加え、50メートル5秒6の快足・武田竜樹(上田西)も見逃せない。父がガーナ人で身体能力が高い宮澤義也(上田西)は右手指骨折で春の県大会を欠場したが、持ち前の長打と強肩を最後の夏に見せてほしい。

【注目選手】山ア正樹(松商学園)


記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
親子での参加も大歓迎の野球太郎マル秘セミナー開催!
一流選手に育てた酒井式メソッド、教えます!
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方