週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【オープン戦見どころ パ・リーグ新戦力】調子を上げてきた田嶋大樹(オリックス)ら3人の注目選手

【オープン戦見どころ パ・リーグ新戦力】調子を上げてきた田嶋大樹(オリックス)ら3人の注目選手

 オープン戦も始まり、いよいよ実戦モードも本格化。開幕へ向けて、球界全体は盛り上がっていく時期に突入した。そこで気になるのが、新たに戦力になりそうな選手たちだ。新外国人、ルーキー、期待の若手などをピックアップしてみたい。今回はパ・リーグ編だ。

田嶋で左腕不足解消なるか


 オリックスのキャンプを訪れた評論家の多くが「田嶋はいい」と漏らす。昨秋のドラフト1位でJR東日本から入団した田嶋大樹だ。

 スリークオーターの左腕で、最速150キロ超のストレートに加えて、カットボール、カーブ、スライダー、チェンジアップを駆使する。

 初の実戦形式のマウンドとなった2月22日の紅白戦では、マレーロ、伊藤光にタイムリーを浴び2回を4安打2失点と打ち込まれたが、ストレートの最速は148キロを記録。素材のよさは確認できた。

 4日にはDeNAとのオープン戦に先発。パ・リーグ相手には投げさせたくないと首脳陣が示唆していた通り、初の対外試合はセ・リーグの球団が相手となった。先発のマウンドを踏んだ田嶋は、3回2/3を投げて3安打、1奪三振、3失点(自責点1)。最速は150キロをマーク。しっかりと調子を上げてきた。

 昨季のオリックスの先発左腕で、最も勝利数を稼いだのは松葉貴大の3勝(12敗)。先発ローテーション入りへの期待は高い。

15年ぶりの古巣に戻った松井稼


 25年目にして、古巣の西武に復帰した松井稼頭央が元気いっぱいだ。キャンプでは連日、特守に参加。15年ぶりにライオンズブルーのユニフォームに袖を通した42歳のベテランが、まだまだ動けることをアピールしている。

 メジャーから復帰し、楽天には2011年から7年間在籍したが、直近の2年間の出場試合数は、56試合、44試合とかなり減っていた。西武でもバリバリのレギュラーで出場、というのは難しいだろうが、ユーティリティープレーヤーの渡辺直人が入れ替わるように楽天に移籍したこともあって、内外野を守れる松井がベンチにいると心強い。

 テクニカルコーチを兼任する松井は、後輩たちに背中で教えるだけでなく、より細かいアドバイスも送りやすい立場。その存在感をオープン戦から示してほしい。


キャンプはMVP、オープン戦でもアピールしたい西田


 ソフトバンクの工藤公康監督が、春季キャンプのMVPとして甲斐拓也とともに名前を挙げたのが、楽天からトレード移籍の西田哲朗だ。4試合の紅白戦のうち3試合で安打を放っただけでなく、全力で練習に取り組む姿勢も評価されての「受賞」となった。

 楽天時代の西田は遊撃を中心に内野のユーティリティープレーヤーとして貢献。2014年には131試合に出場したが、その後は出場機会が減っていた。

 現状、ソフトバンクの内野で絶対的なレギュラーが不在なのは二塁のみ。その本命候補だった明石健志は、2月27日に腰痛で緊急搬送される事態に。チームとしては痛手だが、ポジション争いはさらに激化することになる。

 キャンプでのアピールに成功した西田が、オープン戦でどこまで存在感を発揮できるか。注目だ。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方