週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【高校野球最前線】令和の怪物・佐々木朗希(大船渡)の出来は? 3人のスーパー1年生がデビュー!

文=落合初春

【高校野球最前線】令和の怪物・佐々木朗希(大船渡)の出来は? 3人のスーパー1年生がデビュー!
 夏に向けた前哨戦、高校野球春季大会。今回の高校野球最前線では春季大会の最新情報をお届けしよう。

令和最初の怪物・佐々木朗希は慎重な調整


 昨秋の公式戦で157キロを叩き出し、今年4月のU-18ベースボールワールドカップに向けた国際大会対策研修合宿で163キロを記録した佐々木朗希(大船渡)。春季大会では岩手県大会出場をかけた地区代表決定戦で3イニングを投げたのみ。最速も140キロにセーブしながらの登板で、県大会初戦では登板なく敗れた。

 しかし、体に不調があるわけではなさそうだ。練習試合では抑えながらもすでに150キロに到達。注目ゆえの慎重な調整になっている。

すでに特注の印が入る高知・森木大智


 昨年の中学軟式球界はまさに黄金世代だった。140キロ台の投手が続々と登場。スーパー1年生の活躍にも注目したい。

 大船渡との練習試合で仙台育英の先発を任されたのは、左腕の笹倉世凪。右腕の伊藤樹とともに中学野球界の名門・仙台育英学園秀光中等教育学校のWエースとして活躍した。ともに140キロ台中盤の球速を誇る。

 大阪桐蔭の注目は関戸康介。こちらも中学野球界の名門・明徳義塾中で活躍し、最速は146キロ。昨夏の全日本少年軟式野球大会で準優勝を果たしたのち、地元・長崎に戻って進路を模索。一般入試で大阪桐蔭入学を決めた。公式戦デビューが待ち遠しい。

 そして、中学生にして大台150キロを叩き出した怪物が高知・森木大智だ。高知中で春の全日本少年、夏の全中を制し、そのまま高知高に進学。春季四国大会初戦で公式戦デビューを果たした。結果は2回3安打1失点で最速145キロ。高松商がしっかりとスーパー1年生の出鼻をくじいたわけだが、これからが楽しみであることに変わりない。すでにプロスカウトが視察に来ていたことも驚きだ。

八戸学院光星や広陵が夏はノーシードに


 春季大会は甲子園に直結していないが、夏の選手権大会のシード権を決める戦い。そういう意味では、夏の甲子園切符を左右する大会だ。近年は酷暑続きで疲労を考えると、特に地方大会は1試合でも少ないに越したことはない。

 有名どころでは、八戸学院光星が青森山田に初戦で敗れ、広陵も2回戦で如水館に敗れて夏はノーシードに。埼玉では浦和学院、神奈川では慶應義塾、桐蔭学園などがシード権を逃した。

 とはいえ夏には、ノーシードの強豪校と同じヤグラに入った“シード校”が、苦しい戦いをこうむることになるのだが…。

 来週は大健闘を見せた甲子園未出場校などを紹介したい。

文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方