週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

新たに寮生活をスタートしたルーキーズ! プロ野球寮生活今昔物語


 夢を描き、希望に溢れ、それでいてちょっぴり不安も抱えている!

 各チームに新入団した選手たちの思いはこんな感じであろうか。

 新入団選手の多くは入寮し、野球人としてはもちろん社会人としてもここで学び成長していく。寮生活のはじまりは後にスターダムにのし上がっていくためのスタートラインでもあるのだ。


寮から多くのスター選手が巣立っていった


 阪神タイガースの寮は、昔から虎風荘の愛称で親しまれ、現在はファームが本拠地としている鳴尾浜球場に隣接している。立派な室内練習場も完備し、野球に打ち込むには申し分のない環境だ。

 各球団とも寮にはウエート室やサウナなどが備えられ、食事も含め選手たちを全面的にバックアップする。

 寮には多くのスタープレーヤーを生み出してきた歴史がある。巨人の選手が素振りをする部屋は「松井部屋」として、オリックスの青濤館406号「イチロー部屋」は長年空室で特別な部屋として引き継がれてきた。(注:青濤館は今年閉鎖され移転される)

 プロ野球選手にとって、寮はグラウンドと同じくらい、重要なところなのだ。


まじめな選手が大成するともいえない


 12球団を見渡せば、寮長が選手の健康管理や生活習慣の指導役となっているケースが多い。プロ野球選手がゆえに、夜の誘惑も多いため、門限にはどの球団も非常に厳しい。

 一昔前は、寮長が寝静まるのを待って、夜の街に繰り出し、それが見つかりボコボコに殴られたということもあったようだ。

 ただ、得てして、そんな選手の方が野球にも真剣に取り組んでいた。大成した選手は、若い頃は皆、豪傑であったのだ。

 いまの選手は、比較的まじめで、3度の食事を寮で済ませ、夜も部屋で静かに過ごす。よって門限を破ることもほとんどないという。某球団の寮で長年、料理長を務めていたある人物は、「生真面目で型にはまったタイプは逆に大成しないことが多い」とも言う。

 元阪神の井川慶のように、逆に誰も口が出せないくらい、まじめで通すと大成するのかも知れない。野村克也元監督がそんな井川に、「もっと金を使って遊べ!」と言ったケースはレア中のレアだろう。


1軍で活躍してこそ


 現在の虎風荘の駐車場には、ファームの選手たちのマイカーがずらっと並んでいる。ほとんどすべてが、高級外車だ。ある時期から契約金額が高騰し、プロ野球選手に成りさえすれば、高級外車に乗れ、ちやほやされる。その時点で野球人生の目的を達したと勘違いする選手もいる。

 そんななか、寮長は“寮にいる選手が1人でも多く1軍で活躍してほしい!”と願っている。

 しかし、その願いが叶わずに引退し退寮する選手は、毎年新入団選手とほぼ同じ数だけいるのだ。これだけは、いまも昔も変わらない悲しい現実である。


文=まろ麻呂
企業コンサルタントに携わった経験を活かし、子どものころから愛してやまない野球を、鋭い視点と深い洞察力で見つめる。「野球をよりわかりやすく、より面白く観るには!」をモットーに、日々書き綴っている。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方