週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

オリックスのルーキーたちを改めて確認しよう!

1位 松葉 貴大(東洋大姫路高→大阪体育大)


投手/左投左打/22歳/180cm77kg
どんな選手?
2年からエース格で投げ続け、リーグ戦通算31勝をマーク。本格的なマウンド経験は大学からだが、50m5秒台のバネを生かした柔軟なフォームからアベレージ140キロ前半の速球に2種のスライダー、シンカーを駆使。
育成ポイント
打者に向かっていく勝負根性が持ち味。今季のルーキー左腕・海田智行の奮戦に続いて、勝ちゲームで中継ぎを任される頼もしい存在に。
当面のライバル→海田智行(オリックス)
未来予想図→大原慎司(DeNA)
即戦力度→★★

2位 佐藤 峻一(北見柏陽高→道都大)

投手/右投右打/21歳/179cm70kg
どんな選手?
北海道学生球界で過去最高の快腕。2012年の大学選手権で8強、昨秋の明治神宮大会進出の原動力にも。球速帯138〜149キロの速球は、ベース上でさらにスピンが増す印象でおそらく140キロ後半の体感。スライダー、カットボール、スプリットも変化点が打者に近く、間違いなく「プロの球質」だ。
育成ポイント
大学で20キロの球速アップ。今が伸び盛りだ。球質、恬淡とした気性はストッパー向きか。
当面のライバル→松葉貴大(オリックス)
未来予想図→岸田護(オリックス)
即戦力度→★★★★

3位 伏見 寅威(東海大四高→東海大)

捕手/右投右打/22歳/182cm85kg
どんな選手?
昨季までの3年間、菅野智之(巨人1位)とバッテリーを組み、大学日本代表でも4番の重責を担って、間違いなく上質の体験と上質の苦労を味わってきた。それが他の誰にもない一番の財産。昨秋以降は打の進境も著しく、中堅から右中間方向へ痛烈打球が生まれるようになった。
育成ポイント
人間的なムードに大物感。ゲームリーダーからチームリーダー、将来は指導者の器と見る。
当面のライバル→坂口真規(巨人)
未来予想図→伊東勤(元西武)
即戦力度→★★★

4位 武田 健吾(自由ヶ丘高)

外野手/右投右打/18歳/183cm74kg
どんな選手?
ドラフト候補の高校生外野手では守備力No.1。超高校級の強肩と俊足に加え、「上手さ」を実感できる守りだ。必ず後方から落下点に入り、右中間の飛球は必ず体を切り返し送球姿勢で捕球。走者の進塁意欲を消し去る。いい「しつけ」がなされている。
育成ポイント
新聞報道の「新庄剛志(元阪神ほか)二世」。そうなりたければ、外角を強引に引っ張ってあっという間にフェンス直撃。それぐらいの打者にならないと。
当面のライバル→駿太(オリックス)
未来予想図→英智(元中日)
即戦力度→★

5位 森本 将太(福井工大福井高→福井ミラクルエレファンツ)

投手/右投右打/20歳/174cm70kg
どんな選手?
上背こそないが柔軟なフォームが豊かな将来性を感じさせる右腕。151キロの生きた球筋の速球に、鋭利な変化球を織り交ぜて高い三振奪取率を誇る。
育成ポイント
ブルペンで投じる変化球は多彩だが、試合では「球種が少ない」との声も。得意のスライダーは曲がり幅が大きいだけにNPBの打者には見極められる可能性がある。スライダー以外の持ち球も高精度なのだから、もっと実戦に生かしたいところだ。
当面のライバル→戸田亮(オリックス)
未来予想図→松坂大輔(レッドソックス)
即戦力度→★★

6位 戸田 亮(大成高→高千穂大→JR東日本)

投手/右投右打/24歳/183cm80kg
どんな選手?
東京・大成高、高千穂大とも初のプロ野球選手誕生。大学までは誰も知らない投手。社会人2年間で「150キロ」を獲得し高いレベルの実戦でもまれて台頭してきた。
育成ポイント
極端な言い方をすると、まだ「2年間の野球生活」。たとえば、けん制のスピードはあってもセットからのクイックはまだだし、勉強することは少なくないはず。将来のために、1年目はまず「野球の勉強」から。
当面のライバル→森本将太(オリックス)
未来予想図→小松聖(オリックス)
即戦力度→★★

育成1位 原 大輝(広島国際学院高→東海大北海道→信濃グランセローズ)

捕手/右投右打/24歳/174cm76kg
どんな選手?
攻守のバランスが取れたBCリーグ屈指の捕手。パンチ力ある打撃はチャンスにめっぽう強く、とくに左投手から快音を連発。外国人投手の150キロにも振り負けなかった。自分の打撃で投手を応援するのも「リード」。チームの手薄なポジションだけに期待は高い。
育成ポイント
捕手として地肩の強さはあるが、外から巻き込むようなスローイングは要改善。フットワークを鍛えてコンパクトな送球動作を覚えたい。
当面のライバル→八木健史(ソフトバンク)
未来予想図→田上秀則(ソフトバンク)
即戦力度→★

育成2位 西川 拓喜(三島高→白鴎大→福井ミラクルエレファンツ)

外野手/右投左打/25歳/171cm68kg
どんな選手?
50m5秒8の快足で、間に転がせば内野安打、進塁意欲も十分。バント、エンドランなどの小技もあっさり1球で決めてしまう。白鴎大当時のしたたかなプレースタイルはBC福井で磨きがかかり、相手に嫌がられる存在に。若手選手をけん引した精神的支柱は、オリックスの外野陣の刺激になるだろう。
育成ポイント
今季終盤は4番を打ったが、本来はアベレージヒッター。広角に打てる技術をさらに磨きたい。
当面のライバル→深江真登(オリックス)
未来予想図→栗山巧(西武)
即戦力度→★★

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方