週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【あのドラフト有力候補はどこへ?】大阪桐蔭・中川主将は早稲田大、和製ジーター・奈良間は立正大進学

文=勝田聡

【あのドラフト有力候補はどこへ?】大阪桐蔭・中川主将は早稲田大、和製ジーター・奈良間は立正大進学
 2月1日の春季キャンプ開始まであとわずか。テレビや新聞、Webメディアでは根尾昂(中日)や藤原恭大(ロッテ)といった新人たちの自主トレが毎日のように報じられている。一方、彼らが指名を受けた2018年ドラフトで注目を集めながら指名漏れ、もしくは志望届を出さなかった有望選手はどこへ進むのか。高校生、大学生の有力選手を追いかけてみた。

大阪桐蔭の主将・中川卓也は早稲田大。侍ジャパン球児の進路は?


 2018年のドラフトで中心にいたのは春夏連覇を達成した大阪桐蔭高の面々だ。根尾昂(中日1位)、藤原恭大(ロッテ1位)、横川凱(巨人4位)、柿木蓮(日本ハム5位)とプロ志望届を提出した4人全員が指名され、今年からは好敵手としてプロ野球の世界で相まみえることになる。

 同校のメンバーを見渡すと、この4人以外にも有望な選手はいた。その一人が主将の中川卓也だ。U-18侍ジャパン代表でも主将としてチームを引っ張った中川は、プロ志望届を出さずに早稲田大への進学を選択している。そしてもう一人。同じくU-18侍ジャパン代表に選出された捕手の小泉航平は名門・NTT西日本へと進み、社会人野球の門を叩く。

 U-18侍ジャパン代表のほかのメンバーはどうだろうか。投手陣では板川佳矢(横浜高)が国際武道大、山田龍聖(高岡商高)はJR東日本へと進む。投打の二刀流として活躍した野尻幸輝(木更津総合高)は法政大へと進学。大学では野手一本で勝負するつもりだという。

 また、常葉大菊川高の根来龍真は国士舘大、奈良間大己は立正大へと進学。「戦国東都」の舞台で戦うこととなった。日置航(日大三高)は明治大、蛭間拓哉(浦和学院高)は中川と同じく早稲田大に。また、峯圭汰(創成館高)は日本大を選択した。

 近年は富士大に代表されるように、地方大学からのプロ入りする選手も増えてきた。しかし、2018年のU-18日本代表メンバーは板川が国際武道大へと進学するものの、その他の進学希望選手は東京六大学、東都大学リーグへの道を選んでいる。

■U-18侍ジャパン高校代表組の予定進路
(※プロ入りは除く)

投手
板川佳矢(横浜高):国際武道大
野尻幸輝(木更津総合高):法政大
山田龍聖(高岡商高):JR東日本

捕手
根来龍真(常葉大菊川高):国士舘大
小泉航平(大阪桐蔭高):NTT西日本

内野手
中川卓也(大阪桐蔭高):早稲田大
奈良間大己(常葉大菊川高):立正大
日置航(日大三高):明治大

外野手
蛭間拓哉(浦和学院高):早稲田大
峯圭汰(創成館高):日本大

法政大の2枚看板・菅野は東京ガス、森田はHonda鈴鹿〜大学選手の進路


 一方の大学生はどうだろうか。まずは投手から見ていこう。法政大の2枚看板だった菅野秀哉、森田駿哉はプロ志望届を提出したものの指名漏れ。菅野は東京ガス、森田はHonda鈴鹿に入社し、2年後のドラフト指名を目指すこととなる。

 東海圏に目を向けると、上位指名の予想もあった栗林良吏(名城大)は涙を飲みトヨタ自動車へ。若山蒼人(中部学院大)は新日鐵住金鹿島へと進む。

 プロ志望届を出さなかった選手では山岡就也(國學院大)が神奈川の強豪・JX-ENEOSへ進む。山岡は広島新庄高時代に2014年のセンバツ2回戦で延長15回を投げぬき、再試合も8回完投と一人で投げぬいたタフネス左腕だ。同校は田口麗斗(巨人)、堀瑞輝(日本ハム)と左の好投手を生み出しており、社会人に進んだ山岡にも同様の期待がかかる。

 野手では指名漏れとなった向山基生(法政大)がNTT東日本へと進む。チームメートの中山翔太がヤクルトから指名されただけに、期するものがあるはず。社会人で結果を残し、2年後に即戦力としてプロ入りを果たしたい。

 同じ東京六大学リーグの選手では、侍ジャパン大学代表の1番を務めた逢澤峻介(明治大)の名前がドラフトで呼ばれなかった。逢澤はトヨタ自動車に進む。近年、トヨタ自動車は源田壮亮(西武)や藤岡裕大(ロッテ)と1年目からプロで活躍する選手を輩出しており、逢澤の成長に期待したい。

 宮本丈(ヤクルト)、村上海斗(巨人)と2017年のドラフトで2人のプロ野球選手を生んだ奈良学園大の米満凪は惜しくも指名漏れ。その米満が選んだのは創部2年目の北海道ガスだ。創部から日の浅いチームからプロを目指す。

 各選手とも数年後のドラフト会議で名前が呼ばれることを期待したい。

■主な有望大学生選手の予定進路
投手
菅野秀哉(法政大):東京ガス
森田駿哉(法政大):Honda鈴鹿
山岡就也(國學院大):JX-ENEOS
白銀滉大(駒澤大):NTT東日本
栗林良吏(名城大):トヨタ自動車
若山蒼人(中部学院大):新日鐵住金鹿島
山本隆広(関西大):日本生命

捕手
長壱成(駒澤大):Honda鈴鹿

内野手
峯本匠(立教大):JFE東日本
吉田叡生(中央大):Honda
米満凪(奈良学園大):北海道ガス

外野手
向山基生(法政大):NTT東日本
逢澤峻介(明治大):トヨタ自動車
越智達矢(明治大):日本生命

文=勝田聡(かつた・さとし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方