週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【高校野球最前線】吼えるエース・西純矢は大人の投球に?  侍ジャパンU-18代表の正捕手争いは?

文=落合初春

【高校野球最前線】吼えるエース・西純矢は大人の投球に?  侍ジャパンU-18代表の正捕手争いは?
 高校野球の最前線をお伝えする本企画。今回は「高校ビッグ4」の一角・西純矢(創志学園)から追ってみたい。

大人の投球が高評価


 佐々木朗希(大船渡)、奥川恭伸(星稜)、及川雅貴(横浜)とともに高校生投手ビッグ4の一角を張る西。昨夏の甲子園では、2年生ながら優勝候補の創成館を16奪三振完封で下し、衝撃の甲子園デビューを果たした。

 しかし、秋の大会ではやや疲れが残っていたのか、調子を落としており、中国大会では広陵にコールド負け。春も公式戦は投げず、他の3投手に比べれば、ややメディアでの露出は少ない印象がある。

 ただし、評価は上がっている。もともと最速153キロの数字が注目を集めていたが、秋以降はコントロールに意識を置いた「大人の投球」を見せている。練習試合で対戦した選手に何人か話を聞いたところ、軒並み「セーブした投球」でも「抜群のキレだった」と話しており、秋から春にかけては「ローギア」の精度を磨いていたようだ。

 明らかに夏に合わせる調整に見えるが、それだけ岡山の夏は激戦ということだ。今年の関西は見る者を驚かせる「体格」を有し、倉敷商は打線の破壊力がある。西が100%の力を出したとしても楽に勝てる相手ではないだろう。

 いずれにしても、侍ジャパンU-18代表の選出はほぼ確実。どこで「3年生・西純矢」が全国デビューするかは、野球の神のみぞ知る……だが、その投球スタイルには注目が集まる。

高校生ナンバーワン捕手はどっちだ!?


 今年は高校生投手豊作で侍ジャパンU-18代表が楽しみだが、もうひとつのポイントは正捕手争い。現時点では有馬諒(近江)と東妻純平(智辯和歌山)が抜け出している。この夏は2人の評価の上がり具合も注目だ。

 まずは有馬諒。昨夏、甲子園で8強に進出した近江だが、継投策が実ったのは有馬のインサイドワークがあったからだ。当時は2年生だったが、試合前のノックから落ち着いた風格があり、近江のチーム力が高い評価を得た要因だったともいえる。

 センバツを逃し、4月の侍ジャパンU-18代表・第1次候補の国際大会対策研修合宿のメンバーからは外れたが、巧みなリードを代表でも見てみたい。

 東妻純平は非凡な打撃センスの持ち主。174センチ75キロと最近の「プロ注」のなかではやや小柄ながら、名門の4番を打ち、バチンとスタンドに持っていける。“実戦”で二塁送球2秒を切る「鬼肩」からも目が離せない。

 高校から捕手に転向したため、リード面に不安を残すが、中谷仁監督(元阪神ほか)のもとで知識と実力を伸ばしている。サイズ的にも梅野隆太郎(阪神)のようになれるはず。

 また、2人の進路も楽しみだ。プロを志望するのか、それとも大学でキャッチャーとしての器を拡げるのか。守備の要が輝く夏になってほしい。

文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方