週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【ドラフト特集】《横浜DeNAベイスターズ》ドラフト指名結果答え合わせ

 プロ野球ドラフト会議が終了して約半月が経過。ドラフト前に発売した『野球太郎No.016 2015ドラフト直前大特集号』では、12球団の「補強ポイント&オススメ選手」を発表。果たして各球団は、それぞれの補強ポイントを補う選手を指名できたのか、今年のドラフトを総評してみた。

 今回はDeNAのドラフト答え合わせをしよう。


1.投手の底上げ(できれば左投手)

 数試合は好投するが、シーズン通じて安定した投球を見せられないDeNA先発投手陣。砂田毅樹や石田健太ら、新戦力が台頭してきたものの、先発タイプの投手を獲得して、先発陣の底上げをしたかった。

 結果はズバリ、1位で今永昇太(駒澤大)を指名。フロントと現場ともに、会心の指名だったといえるだろう。砂田、石田、今永で近い将来、「左腕王国」を築き上げるかもしれない。


2.左打ちの内野手

 DeNA内野陣は、右打ちに比べて左打ちが少ない。1軍の試合に出場している左打ちの内野手といえば、筒香嘉智、倉本寿彦、石川雄洋くらいだ。

 そこで今ドラフトでは、3位で柴田竜拓(國學院大)を指名。守備力は定評があるだけに、早くから1軍で起用される可能性も高い。


3.打力のある二遊間

 前述した左打ちの内野手で、二遊間を守れるのが石川と倉本。右打ちでは山崎憲晴や白崎浩之らがいるが、打撃面ではそれほど期待できない。そういう意味では、小柄ながら長打力もある柴田の指名は補強ポイントに合致している。


4.捕手(大学生、社会人)

 嶺井博希、黒羽根利規、城俊人の併用でシーズンを乗り切ったDeNA捕手陣。いずれにせよ、捕手の絶対数が少ないチームだけに、今ドラフトでは即戦力捕手の補充も必要だった。

 戸柱泰孝(NTT西日本)を4位で指名できたのは大収穫。安定した二塁送球と、打撃面でも期待できる。


5.右打ちの外野手

 捕手と同様に、DeNAは右打ちの外野手の絶対数も少ない。桑原将志、赤堀大智、井手正太郎に割って入るのが、6位指名の青柳昴樹(大阪桐蔭高)だ。名門校の主砲を務めた、右のスラッガーへの期待は高まる。


《総評》A

 結果的に、12球団でも1、2を争う満足度の高いドラフトだったといえるだろう。先発陣の補強は今永のほか、右腕の熊原健人(仙台大)を2位指名。さらにウエーバー順を活かして、4位で即戦力捕手の戸柱を指名できたことは大きい。

 来季からアレックス・ラミレス新監督を迎えて、新たなスタートを切るDeNA。その門出に相応しい、大成功のドラフトとなった。


文=野球太郎編集部

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方