週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

1軍だけじゃない!交代が相次ぐプロ野球2軍監督にも要注目!!

 来季からはセ・リーグ6球団の半分が監督交代となる。巨人には高橋由伸新監督、阪神には金本知憲新監督、DeNAにはアレックス・ラミレス新監督と、いずれも現役時代は人気と実力を兼ね備えたスター選手が就任。しかも3人とも40代とまだ若い。

 どんなチームカラーとなり、どういった戦い方を見せるのか、各球団のファンならずとも興味深いところだろう。

 時を同じくして、各球団の来季のスタッフもほぼ出揃った。なかでも注目は2軍監督だ。12球団のラインナップを見てみよう。


【セ・リーグ】
ヤクルト:宮本賢治☆
巨人:斎藤雅樹☆
阪神:掛布雅之☆
広島:水本勝己☆
中日:小笠原道大☆
DeNA:二宮至☆


【パ・リーグ】
ソフトバンク:水上善雄
日本ハム:田中幸雄
ロッテ:山下徳人☆
西武:横田久則☆
オリックス:田口壮☆
楽天:平石洋介☆

☆=新任


コンビネーション上々の阪神首脳陣


 12球団中10球団が新たな2軍指揮官を迎えて来季に臨む。阪神は「ミスタータイガース」こと掛布氏がついにタテジマに袖を通すこととなった。

 先日のドラフト会議でのインタビューで金本1軍監督が、新人選手の育成について「僕と掛布さんで、しっかりやります!」と語っていたように、すでにコンビネーションは上々のようだ。2013年オフから打撃コーディネーターという役職で2軍選手の指導を行っており、状況も把握している。若トラの底上げに大きな力を発揮しそうだ。


ガッツを継承できるか?


 また、今季限りで現役を引退し、間髪を入れず2軍の指揮を執ることになった中日の小笠原監督は、10月3日に就任会見を行ったあと、早々にフェニックスリーグが開催されていた宮崎へ。10月26日まで行われていた若手中心の試合で、ベンチから指示を送った。

 現役時代は2120安打を放ち、闘志あふれるプレースタイルから「ガッツ」というニックネームで親しまれていた小笠原監督。そのスピリッツを選手たちに注入できるかがカギとなる。


多士済々の新監督たち


 他にも、1軍投手コーチからの配置転換となる「ミスター完投」でおなじみの巨人の斎藤監督、日米で優勝経験のあるオリックスの田口監督らが、新たに若い選手の指導にあたることになる。

 イキのいい若手選手が1軍の試合に多く出てくるのは、果たしてどの球団だろうか。来季はそのあたりにもぜひ注目していただきたい。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方