週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

新井貴浩(広島)は781点。大谷翔平(日本ハム)は1268点。MVP投票の内訳をチェック!


記者投票で決まる最優秀選手


 2016年のプロ野球のMVP(最優秀選手賞)が発表された。このタイトルは、プロ野球の現場取材に従事する記者の投票によって選出される。

 1位から3位までの3名を各記者が選び、1位5点、2位3点、3位1点として集計。総得点数の多い選手がMVPとなる。それでは今年、票を投じられた各選手が獲得した得点数をリーグ別に見ていこう。

セ・リーグはチームを牽引したベテラン・新井貴浩が受賞


【セ・リーグ/MVP投票獲得点数】
新井貴浩(広島):781点
菊池涼介(広島):429点
鈴木誠也(広島):365点
野村祐輔(広島):264点
筒香嘉智(DeNA):200点
ジョンソン(広島):119点
山田哲人(ヤクルト):114点
黒田博樹(広島):72点
坂本勇人(巨人): 31点
中崎翔太(広島):9点
丸佳浩(広島):5点
石原慶幸(広島): 3点
菅野智之(巨人): 1点
(白票:28点)

 セ・リーグのMVPは、25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島から新井貴浩が選ばれた。271名の投票者のうち、120名が新井を1位に推している。

 2007年のオフにFAで阪神に移籍し、2015年から古巣に復帰していた新井は、今年、打率.300(リーグ9位)、19本塁打(同13位)、101打点(同3位)と好成績を残し、名実ともにチームのまとめ役として優勝に大きく貢献した。39歳でのMVPはセ・リーグ史上最年長記録でもある。

 そして、新井以外にも、得点数上位4位までを含む13人中9人が赤ヘル軍団と、2位の巨人を17.5ゲームも離して優勝を決めたシーズンの勢いがここにも反映された形となった。

 広島以外で最上位だったのは、5位の筒香嘉智(DeNA)だ。44本塁打、110打点で二冠獲得と、そのポテンシャルが完全に開花した。来春のWBCでも侍ジャパンの中軸としての働きが期待される。

パ・リーグは二刀流で大暴れした大谷翔平が受賞


【パ・リーグ/MVP投票獲得点数】
大谷翔平(日本ハム):1268点
レアード(日本ハム):298点
中田翔(日本ハム):190点
和田毅(ソ):100点
西川遥輝(日本ハム):44点
宮西尚生(日本ハム):41点
石川歩(ロ):31点
増井浩俊(日本ハム):28点
角中勝也(ロ):21点
内川聖一(ソ):19点
サファテ(ソ):10点
有原航平(日本ハム):7点
柳田悠岐(ソ):7点
高梨裕稔(日本ハム):4点
陽岱鋼(日本ハム):4点
糸井嘉男(オ):4点
谷元圭介(日本ハム):1点
田中賢介(日本ハム):1点
千賀滉大(ソ):1点
浅村栄斗(西):1点
則本昂大(楽):1点
(白票:205票)

 パ・リーグは、球界を大いに盛り上げたという点からも、大谷翔平がぶっちぎった。254票の有効投票のうち、実に253票が大谷を1位に推し、2位に1000点近い差をつける1268点を獲得した。

 投手成績は21試合に登板し10勝4敗、防御率1.86。打者としては打率.322、22本塁打、67打点。規定投球回数、規定打席にはどちらも達していないが、この投打の数字を1人で稼いでいることを考えれば、やはり立派な成績である。

 投げては日本最速となる165キロ、打っては東京ドームの天井に放り込む(侍ジャパンの強化試合)など、とにかく記録にも記憶にも残る規格外のパフォーマンスが話題となった。

 ちなみに、唯一、大谷の名を1位に書かなかった記者は、1位に宮西尚生(日本ハム)を推している。

 宮西は、リリーフとして58試合に登板し、防御率1.52。これでデビューした2007年から9年連続50試合超の登板数となり、パ・リーグ新記録を更新した。セットアッパーということで、大谷ほど目立つ存在ではないが、きっちりし仕事をしているのが宮西だ。

 この大谷、宮西を含め、票が入った上記の21人のうち、日本ハム勢が11人。セ・リーグと同様に優勝チームのメンバーが過半数を占めている。

 なお、白票が205点と多くなっているが、これは1位を大谷とし、2位と3位は空欄とした記者が多かったため。つまり「大谷以外にない」と考えた記者の意思がこの数字に反映されたということだ。これもある意味、今季の大谷のすごさの証明といえるかもしれない。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方