週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2019年夏の甲子園 石川みどころ】奥川以外も星稜に好投手、好野手が満載 重吉&嘉手苅も将来が楽しみな逸材だ!

投手編〜いきいき奥川魔神

奥川恭伸
 全国制覇を視野に入れる星稜。
優しい笑顔から自由自在にギアを加速して投球する奥川恭伸が君臨する。春季県大会は右肩の張りが取れず、大事を取って登板回避。伝令役に徹し、コンディションを回復中だ。痛打されても精神を立て直せる荻原吟哉や常時スタンバイOKの寺沢孝多など奥川だけでない全国レベル級の投手が揃う。

 日本航空石川には昨春のセンバツでマウンドを経験した重吉翼が健在。絶妙なスライダーと外角低めに決まるストレートは手が出ない。ド迫力の体格から剛球で捻じ伏せる嘉手苅浩太は、両親への感謝を忘れず、成長中だ。

 昨秋に日本航空石川を倒し、今春も好投した寺下佳孝(金沢泉丘)。マウンドでの立ち振る舞いが堂々としていて、夏にもう一度、番狂わせする空気が漂う。
 生長連(小松大谷)はプレートの三塁側を踏み、強気に攻める。投球の復調が待たれるチームメートの山根滉太は打撃もよく、大阪桐蔭との招待試合では場外弾を放った。

 練習試合だが県内で唯一星稜に黒星をつけた小川琳太郎(小松)のスライダーは脅威だ。
 テンポよく技でかわせる川田龍成(金沢商)にも期待したい。釜田佳直(現楽天)以来、聖地から遠ざかる金沢の救世主・小寺啓太の投球は力強さがみなぎっている。
 一球に泣いた米田武琉(鵬学園)は夏に借りを返したい。
 フィールディングが抜群の松本寛太(北陸学院)や馬力の松田大輝(津幡)にも注目。
 野球愛があり、自立した意見を述べる川ア俊哲(輪島)、内外角へ厳しいコースを突く野木優輝(小松市立)は秘密兵器的存在だ。

野手編〜わくわくする好捕手が多彩

山瀬慎之助
 今年の石川は破壊力あり、柔軟性あり、と捕手の多彩さが特徴。

 小学生から奥川とバッテリーを組む山瀬慎之助(星稜)は右手痛が完治。捕手に必要な観察力、洞察力は日頃のゴミ拾いでも磨いている。言葉や行動で引っ張る扇の要だ。
 夏川風眞(日本航空石川)の豪快なフルスイングとミットがブレずに音を響かせるキャッチングは安堵感がある。
 遊学館・山本雅弘監督が「頼もしい選手」と信頼を寄せる1年生の新保朋也。入学直後から正捕手、クリーンアップで起用され、すでに大車輪の活躍。体を張って後逸しない横山優斗(小松大谷)、オーラを醸し出す依光駿兵(寺井)も注目の捕手だ。

 野手も粒揃いの星稜。筆頭は、春季大会で令和第1号本塁打を放った内山壮真。グラブに吸い込まれるように捕球し、厳しい体勢からでも送球できる山本伊織、状況判断抜群の岡田大響や成長株の有松和輝らも好素材。新保温己はベンチから野球観と判断力を磨く代走のスペシャリスト。

 清水舜也(金沢)は状況判断の的確さが光り、澤井翔稀(遊学館)は龍谷大平安との招待試合で本塁打を放ったパワーが売り。
 北島康誠(日本航空石川)は明るい性格と早朝から打ち込む努力で、ピンチをチャンスに変える。
 グリップを余して上位へ繋ぐ、最強の9番打者・石原大士(小松大谷)、カットしながら好球を導く西村洪惇
(金沢泉丘)、二刀流で根性むき出しの小池田樹(鵬学園)にハンドリングが巧みな谷内希成(金沢桜丘)なども楽しみな好選手だ。

大会展望〜大本命の星稜が突き抜けるか?

石川地区勢力ピラミッド
星稜は春季県大会でエース・奥川が登板なく、センバツでのサイン盗み抗議騒動で林和成監督が指導自粛で不
在。
それでも、決勝は9回に逆転しての勝利。
死角はなさそうだが、焦りを誘う試合展開に持ち込もうとする各校の戦略が見ものだ。
追うのは、豪打で打ち砕く日本航空石川、計算された読みが鋭い遊学館。
小松大谷は石川の野球を変えられるか。
投手能力が高い鵬学園、金沢商、輪島などが揺さぶる。
金沢、小松、金沢泉丘のノーシード校もカギを握りそうだ。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方