週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

高校野球・地方大会の注目選手レポート[北信越・関西編]〜平沼翔太(敦賀気比)、吉田大喜(大冠)ほか

平沼翔太 ひらぬま・しょうた
敦賀気比3年/投手
右投左打・178cm75kg


ピンチでも慌てない冷静かつ強気なマウンドさばき


 昨夏の甲子園では4強、今年のセンバツでは優勝と着実に経験を積み重ねた右腕は、ピンチになるほど本領を発揮する。センバツでは全5試合を完投(うち2完封)。うち3試合は昨秋の地区大会王者だったが、強打者と相対しても物怖じしない。

 センバツ以降は疲労を抜くために投げ込みを控え、体力強化のメニュー中心に鍛錬を重ねてきた。福井県大会の決勝戦では序盤に制球に苦しむも、4回以降は球威が増したストレートを武器に、チェンジアップ、スライダーで連打を許さなかった。6回から7回にかけては4者連続三振を奪い、チームに流れを引き寄せた。抜群の制球力も持ち、1試合で与える四球は平均1個。

 今夏は万全なピッチングという内容までとはいかなかったが、センバツ前も練習試合での絶不調から快投したため本番にはめっぽう強い。俊足を生かした攻撃力も持ち味で、野手としても評価は高い。これまで2季で得た大舞台での経験値を、最後の夏も大いに発揮しそうだ。

吉田大喜 よしだ・だいき
大冠3年/投手
右投右打・174cm75kg

内角を強気に攻める投球が持ち味


 2年春からマウンドに立ち、上宮太子、PL学園といった私学強豪を撃破した経験豊富な本格派右腕。キレのあるスライダーとカーブとのコンビネーションは絶妙で、マウンドさばきもいい。

 昨夏の府大会では3回戦で大阪桐蔭に対し、一時はリードを奪うも逆転を許して、降板。当時の最速だった144キロのストレートに対し「もっとキレをつけたい」と新たな目標を掲げ、球をできるだけ前に話してスピンをかけることを心掛けた。

 今春の府大会の初戦で大塚に競り負けた後、短距離の走り込みや食事改善などにも努め、体重が昨秋から6キロアップ。下半身がどっしりとし、コントロールも安定した。今夏の府大会・3回戦の香里丘戦では自己最速の146キロをマークし、着実に進歩の一途をたどっている。大阪で7年ぶりに公立校でベスト4進出の原動力となったエースは、間違いなく今夏の大阪を代表する右腕に成長した。

☆その他の評価上昇選手☆

高橋奎二 たかはし・けいじ
龍谷大平安3年/投手
左投左打・178cm72kg
◎今夏は大会前のケガに泣いたが鋭く落ちるスライダーは一級品

光田悠哉 みつだ・ゆうや
大阪偕星学園3年/投手
左投左打・176cm64kg
◎キレのあるスライダーが武器。大阪桐蔭に完投勝利

松本侑也 まつもと・ゆうや
三田松聖3年/投手
右投左打・184cm78kg
◎最速145キロのストレートを持ち、まだまだ成長を感じる

黒瀬健太 くろせ・けんた
初芝橋本3年/捕手
右投右打・180cm94kg
◎高校通算本塁打は97本。ケタ外れのパワーを見せる

春野航輝 はるの・こうき
智辯和歌山3年/一塁手
右投右打・184cm94kg
◎恵まれた体格から鋭い打球を飛ばし、チャンスにも強い

グルラジャニ・ネイサン
PL学園3年/三塁手
右投左打・177cm73kg
◎昨秋、今夏と特大アーチを放ったスラッガー。飛ばす力あり


廣岡大志 ひろおか・たいし
智辯学園3年/遊撃手
右投右打・182cm78kg
◎逆方向にも鋭いライナーを飛ばす右の強打者。守備力も磨きかかる

山本龍河 やまもと・りゅうが
智辯和歌山3年/右翼手
右投左打・184cm87kg
◎不動の3番打者として名門をけん引。今夏は本塁打もマーク

藤井建平 ふじい・けんぺい
大阪桐蔭3年/右翼手
左投左打・175cm73kg
◎広角に打ち分ける打撃センスの持ち主。強肩ぶりにも注目

舩曳海 ふなびき・わたる
天理3年・中堅手
右投左打・182cm78kg
◎俊足巧打のトップバッター。県大会では2本塁打も放った


■ライター・プロフィール
沢井史(さわい・ふみ)/長崎県生まれ、福岡、大阪育ち。関西のアマチュア野球界を駆け巡る女性ライター。中学時代に藤井寺球場で野球を初観戦。高校時代は甲子園に通っていた。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方