週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

《オープン戦チェック》沢村賞投手vs最多勝投手も。オープン戦で展開される4球団の開幕投手レース


 3月31日に開幕を迎えるプロ野球。続々と初戦への準備が整ってきた。

 特に注目を集めるのは開幕投手だ。すでに開幕投手に内定している投手は以下の通り。
■巨人
菅野智之

■DeNA
石田健大

■阪神
メッセンジャー

■ソフトバンク
和田毅

■ロッテ
涌井秀章

■西武
菊池雄星

■楽天
岸孝之

■オリックス
金子千尋

 しかし、依然、開幕投手争いが続いている球団もある。日本ハム、広島、ヤクルト、中日の4球団はまだ内定に至っていない。

 火花散る開幕投手レース、オープン戦の状況を見てみよう。

日本ハムの開幕投手争い


◎有原航平
○高梨裕稔

 大谷翔平のWBC辞退で開幕投手競争路線が確定。昨季11勝の有原航平が最有力だが、3月2日の中日戦で4回5失点の乱調。巻き返しの最中だ。

 一方、2番手の高梨裕稔は千載一遇のチャンスを生かすべく快投を連発。14日のDeNA戦では5回2安打無失点の完璧なデキで開幕投手の座を射程圏内に。栗山英樹監督のサプライズ起用も含め、開幕直前まで混戦模様だ。


広島の開幕投手争い


◎ジョンソン
○野村祐輔

 沢村賞投手と最多勝投手のハイレベルな争い。両者ともに3月15日時点でオープン戦無失点。日本シリーズの起用法から考えるとジョンソンがやや有利に見えるが、緒方孝市監督の決断に注目。


ヤクルトの開幕投手争い


◎小川泰弘
○石川雅規

 昨季は小川泰弘が開幕投手を勝ち取ったヤクルトだが、今年は石川雅規が猛チャージをかけている。

 オープン戦初戦から3回6失点を喫し、ここからが勝負の小川に対し、石川は春季教育リーグを含めて、3試合を投げて計9回を無失点の快投中。現役トップの通算152勝左腕が怒涛のスタートダッシュで、小川の背後にピッタリと張りついた。


中日の開幕投手争い


◎大野雄大
○吉見一起

 本命は昨季も開幕投手を務めた大野雄大。3月5日のロッテ戦では4回4失点の乱調だったが、11日のソフトバンク戦では6回1安打無失点の好投。着々と調子を上げており、開幕マウンドはほぼ間違いないだろう。

 しかし、対抗の吉見も虎視眈々とアピール。3月15日時点で2試合に登板し、8回1失点、防御率1.13。こちらも好調で2人のレースオープン戦最終盤まで続きそうだ。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方