週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

《ドラフト指名予想・ヤクルト編》投手は田中正義(創価大)。ポスト畠山には大山悠輔(白鴎大)!


 いよいよ間近に迫った今年のドラフト会議。

 週刊野球太郎では10月のドラフト特集として、本誌『野球太郎』で大展開している「12球団別チーム編成&ドラフト戦略徹底分析」を元に、各球団の補強ポイントと指名選手予想を紹介していく。

 阪神に続いてはヤクルト。昨季の優勝から一転、今季はBクラスに転落してしまったヤクルトは誰を指名すべきか?

ヤクルトの2016年シーズン


 昨季に続く連覇を狙ったシーズンだったが、投打とも主力のケガに泣かされて思うような戦いができずじまい。そんななか、山田哲人が2年連続トリプルスリーを達成して気を吐いた。

 孤軍奮闘を地で行った山田だが、それでもチームはAクラス入りの可能性を見せただけに、チーム・コンディション次第で上を目指せることが証明されたという見方もできる。「今季を反面教師に」を来季のテーマにしてほしい。


チーム状況から見るドラフト戦略


 まず投手陣だが、故障禍とはいえ規定投球回を達成したのが小川泰弘だけというのは寂しい限り。ケガ明けの選手の奮起に期待するとしても、今年のドラフトで将来のエース候補を確保しておきたい。

 野手陣では34歳にして衰えが見え始めた、畠山和洋の後任も準備すべきときが来た。現有の若手野手には代わりを務められる選手がいなさそうなので、ぜひここでスラッガー候補の獲得を。

野球太郎的オススメ選手


 将来のエース候補という面で、是が非でもほしいのは田中正義(創価大)だろう。田中自身もケガがちなのは気になるが、間違いなく投手陣の軸になれる。健康面を考慮するなら、大きな故障歴のない柳裕也(明治大)を推す。

 ポスト畠山としては、内野手なら大学日本代表の4番を務めた大山悠輔(白鴎大=写真)、外野手なら上西主起(日本生命)がその候補。上西は打撃における器用さはないが、肩はプロでもトップレベルなので、守備面で即戦力として考えられる。


文=森田真悟(もりた・しんご)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方