週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

《2017先取り高校生ドラフト候補:中国・四国編》無名校の逸材に名門校の捕手&強打者


 ドラフトマニアも高校野球ファンも必見! 週刊野球太郎では2017年のドラフト戦線をにぎわす高校球児を、連載企画「2017先取り高校生ドラフト候補」で全6回にわたって地区別に紹介。

 第5回は中国・四国編。広島新庄の躍進、古豪・高松商の復活などで注目を集めた両地区の逸材は彼らだ!

【投手】無名校のドラフト候補に期待


■森井紘斗(板野=写真)
 四国の無名校・板野から現れたドラフト候補右腕。180センチを超える身長から放たれる最速140キロ台中盤のストレートは威力十分。

 ヒジの故障が長引き、公式戦の登板はあまり多くない。未だ底を見せておらず、伸びしろは大きい。今後の取り組み次第では一躍、全国区の投手として脚光を浴びる可能性を秘めた素材だ。来年は元気に投球する姿を見たい。

【野手】プロ注目の強肩強打の捕手に明徳黄金世代の強打者


■難波侑平(創志学園)
 今夏、最速154キロをマークし、春夏連続でチームを甲子園に導いた高田萌生からエースの座を引き継いだ。旧チームでは4番も務め、パンチ力のある左打者として、春夏の甲子園出場の立役者のひとりとなった。

 今夏の岡山大会決勝、9回にゲームセット後の判定変更で物議を醸した自打球のファウルを打った選手としても有名。投手としては、高田のレベルにはまだ遠いが、打者としては大きなスケールを感じさせる。上のステージでは野手として期待したい素材だ。

■中村奨成(広陵=写真)
 強肩強打のプロ注目捕手。名門・広陵で入学直後からベンチ入りを果たした。二塁送球タイムは1秒74。現時点でもプロで通用するほどの強肩を誇る。

 手首の強さを生かした打撃も魅力。外角高めのボールを引っ張って、レフトの頭を越える長打を放つなど、打者としての評価も高い。甲子園出場はまだなく、今後は投手陣をまとめ上げ、勝たせるリードができるか注目していきたい。


■植田理久都(高松商)
 今春のセンバツ準優勝メンバー。勝負強い右打者として、兄・響介とともにチームの躍進に大きく貢献した。

 ボールの高低を苦にせず、うまく合わせたスイングができる。昨秋の神宮大会決勝では敦賀気比・山崎颯一郎(オリックス6位)の低めに制球されたストレートを弾き返し、ダメ押しとなるタイムリーを放った。センバツでもホームランを放ち、新チームでは主軸としての活躍が期待される。

■高塚孔大(境)
 進塁打など状況に応じたプレーをしっかりこなせる二塁手。つなぎの打撃はもちろん、今夏の鳥取大会では7割近い打率を叩き出し、チャンスでクリーンアップに回す仕事を忠実に果たした。

 同学年の遊撃手・上地一歩とのコンビネーションは抜群で、中国地区屈指の二遊間を形成する。送球にやや不安を抱えるが、強烈な打球の処理に果敢な姿勢を見せており、今後も守備力の向上を見込める。

■西浦颯大(明徳義塾=写真)
 高い身体能力が売りの外野手。今夏は明徳義塾の主軸を担い、チームを甲子園ベスト4に導く。3回戦の嘉手納戦で満塁ホームランを放ち、勝負強さを見せつけた。

 「今年のチームはいい」と早くから自信を窺わせていた馬淵史郎監督の言葉通り、今秋の四国大会は隙のない戦いぶりで優勝。西浦も中心選手にふさわしい活躍を見せた。外野の他に三塁の守備にも挑戦しており、内野もできれば、ドラフトでより大きな評価を勝ち取ることができるだろう。



文=長嶋英昭(ながしま・ひであき)
東京生まれ、千葉在住。小学校からの友人が、サッカーのU-18日本代表に選出されたことがキッカケで高校時代から学生スポーツにのめり込む。スポーツの現場に足を運びながら、日本各地の観光地を訪れることが最大の生きがい。現在はアマチュアカテゴリーを中心にスポーツ報道の仕事に携わっている。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方