週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

2013夏・福岡の有望投手を紹介します!

【福岡・投手編】ドラフト関連度B

双璧の伝統校エース

 「古豪復活」の予感がする。実績の今村暁人(久留米商)と豪腕の笹嶋慎一郎(小倉工)が、南北を代表する実業系伝統校エースとして君臨する。九州大会優勝の今村は、右スリークオーターからスライダー、カットボールを織り交ぜる。間合いの取り方も絶妙で、3季連続九州大会出場の経験値も頼もしい。昨夏、県大会で森雄大(東福岡→楽天)に競り負けた笹嶋は、エースの自覚か、調子の波が小さくなった。重いストレートと膝元ギリギリのタテのスライダーとカットボールで北九州市長杯を制した。

 文武両道校の速球派右腕トリオ・岩元龍介(小倉)、木谷飛翔(戸畑)、甲斐貴規(東筑)も「古豪復活」のキーマンだ。

 秋春の躍進校バッテリー・土井直樹―片山勢三(門司学園)と久保田涼雅―檜山裕太(星琳)は、ともに技巧派右腕と豆タンク型の4番捕手というセット。息がぴったりとはまれば、さらなる躍進もある。鋼の体躯がしなる片淵宏生(福岡工大城東)は、小気味よく伸びのあるストレートを投じる。

 ダークホース的存在の九産大九州は、上手投げの油布大地、サイドの井手亮太郎と右の速球派2枚が強力だ。2年生エースでは、右の小野郁(西日本短大付)と左の東野葵(福岡第一)が有望株。無名校の隠し玉・蒲池直人(輝翔館)は、タテのスライダーとストレートで昨夏以上の県大会1回戦突破を目指す。

【注目選手】笹嶋慎一郎(小倉工)


記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方