週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

復活の時は今! 日本ハムの守護神・武田久がハマっている意外な趣味とは?


 日本ハム・武田久。言わずと知れた名クローザーだ。過去には3度の最多セーブ投手と、最優秀中継ぎのタイトルを獲得して、近年のチーム優勝に何度も貢献してきた。

 しかし、ここ2年間は苦しい状況が続いている。

救援失敗! 度重なるケガ! 大幅減俸!


 振り返ると2014年4月、インフルエンザでの登録抹消が悲劇の序章だった。1軍再昇格後も救援失敗を繰り返し、シーズンが終わってみれば、わずか9試合の登板で防御率8.22。クローザーの座を、駒澤大の後輩・増井浩俊に明け渡してしまう。

 昨季は3月に左ひざ、8月に右ひざを立て続けに手術した影響もあり、プロ入り後、初めて1軍登板ゼロという事態に。その結果、年俸は……

・2013年オフ更改:2億4000万円

・2014年オフ更改:8000万円
(67%減の1億6000万円ダウン)

・2015年オフ更改:1800万円
(78%減の6200万円ダウン)

 実に2年間でなんと13分の1という大幅減俸を、受け入れざるを得なかった。


球団に感謝…1軍のマウンドを目指して再始動!


 それでも武田は前向きだ。2年連続で年俸減額制限を超えたダウン提示。しかし、期待をかけてくれた球団には感謝の気持ちを示し、リハビリなどでお世話になっている周囲の人達のために、もう一度1軍のマウンドに立ちたいと、今後の意気込みを語っている。

 今年2月、沖縄・国頭での2軍中心の春季キャンプでは、半年ぶりにブルペン投球を解禁。オープン戦での実戦復帰を見据えて、準備はもう始まっているのだ。

テレビ出演するほどハマる趣味・オートレースの魅力…しかし存続の危機!?


 そんな武田の趣味は、球界では珍しいオートレース。競馬や競輪に並ぶ公営競技の一つで、公営競技中最速の時速150キロものスピードで競い合うモータースポーツだ。

 武田は、単にレース場に足を運ぶだけにとどまらず、年末のビッグレースには、テレビ中継のゲストとして呼ばれるほどの入れ込みぶり。オートレースファンにとっては、武田が年末の風物詩となっているのだ。


 しかし、そのオートレースも現在、武田同様に厳しい風が吹いている。全国にレース場はたったの6カ所だけ。しかも、その中で“最強軍団”と呼ばれている、オートレース発祥の地・船橋オートレース場(千葉県)が、3月17日から21日の開催(G1・共同通信社杯プレミアムカップ)を最後に廃止が決定。船橋の所属選手は、全国バラバラに振り分けられて、新年度から移転先で再スタートを切ることとなる。

 存続の岐路に立ち向かうオートレース選手たちと、復活を目指す武田。それぞれの輝かしい功績を忘れることなく、明るい未来を信じて見守りたい。

文=サトウタカシ (さとう・たかし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方