週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

《君はこんなもんじゃない!》正念場を迎えた「かわいすぎるスラッガー」谷口雄也(日本ハム)


 プロでの活躍を期待されながら、殻を破りきれず、「鳴かず飛ばず」で期待を裏切り続けてしまう選手たち。もう一歩で覚醒しそうな選手たち。『野球太郎』本誌では、そんな選手を「君はこんなもんじゃない!」選手(君コン選手)と呼んで、過去に特集も組んできた。

 週刊野球太郎では、2017年の幕開けに、ライター陣がピックアップする12名の最新「君コン」選手を取り上げ、愛情たっぷりに鼓舞したい。

 今回はライター・サトウタカシ氏が挙げる日本ハムの「君コン」選手、谷口雄也をピックアップ!

相手投手にとっては「かわいくない」逆方向への大飛球!


 あなたは谷口雄也の本塁打を見たことがあるだろうか。

 昨季、5月19日のソフトバンク戦、3点ビハインドの状況で森唯斗から放った同点3ランは、こすったような当たりがセンター方向へ放物線を描いてスタンドイン。

 2015年の広島戦では、前田健太(現ドジャース)からバックスクリーンに叩き込む。この本塁打が前田にとってシーズン初被弾だった。

 谷口の本塁打の特徴は、センターから逆方向への美しい弾道。大谷翔平や中田翔らの主力と比べるとどうしても「かわいすぎるルックス」が先行するが、目の覚めるような一発を見るたびに、彼が「スラッガー」だということを再認識させられるのだ。

 しかし、残念ながら昨季の本塁打は1本。プロ入り通算でも5本しか打っていない。おかしい、不思議だ……。


チャンスを生かせず1軍スタメンは近くて遠い……


 谷口は愛工大名電高から、2010年ドラフト5位で日本ハムに入団。2年目から1軍入りを果たすが、どうしても1軍に定着できずに2軍との往復を繰り返している。

 2014年頃からは、打撃よりもタレントの剛力彩芽に似たルックスが話題となり、「かわいすぎるスラッガー」という称号で有名に。ちなみに、ファンフェスタで行われた女装コンテストで谷口が優勝した際のニュースの見出しが「谷口きゅん、案の定優勝する」だった。

 同期入団で同じ高卒組の西川遥輝は順調にチャンスを生かしてレギュラーを勝ち取った。一方で谷口は代打か守備固めがメインで、たまにスタメンに入ってもだいたい2打席で交代させられる状況だ。

球団はポジションを空けて待っている!


 ひと頃、日本ハムの外野陣は「球界屈指」とまで呼ばれていた。しかし、2013年に糸井嘉男がトレードでチームを去り、中田翔が内野にコンバート。そして、今オフは陽岱鋼がFA移籍と外野の主力が相次いでいなくなった。

 これには球団の強い意図を感じずにはいられない。他球団ならば次々と選手を獲得して競争でふるいにかけるのが普通だ。しかし、日本ハムは若手のために積極的にポジションを開放して、彼らが台頭するのを待っているのだ(その分ベテランが割を食うのだが……)。

 今のところ外野のレギュラーは西川遥輝と岡大海が有力。残る1枠を近藤健介、淺間大基、そして、巨人からトレードされた大田泰示が争うことになるだろう。


 谷口は今季でプロ入り7年目。“現在残り1枠”という、この最大にして、もしかしたら最後かもしれないレギュラー獲りのチャンスを、ぜひともモノにしてほしい。

 そのためにはバントや守備といった日本ハム選手の必須技術をこなすのはもちろんではあるが、彼の最大の魅力である「逆方向への飛球」を磨きに磨いて、あの美しい弾道を頻繁に見せてほしい!


文=サトウタカシ (さとう・たかし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
親子での参加も大歓迎の野球太郎マル秘セミナー開催!
一流選手に育てた酒井式メソッド、教えます!
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方