週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

3軍選手も育つ大所帯のホークスはマスコットも最多!ホークファミリーは20年前にこの未来を予言していた!?

4年ぶりに1軍マスクをかぶった背番号「00」
その活躍を誰よりも喜ぶのは背番号「100」の男に違いない


 4月18日、ソフトバンクの細山田武史が7回の守りから出場。1軍での試合は横浜時代の2011年以来4年ぶりだ。三塁ベンチ前でスライディングキャッチする好守備も見せるなど2イニングを無失点に導いた。

 細山田の活躍が何とも嬉しいのは、2013年に横浜で戦力外通告を受けた後、ソフトバンクの育成枠でプロの世界に踏みとどまり、そこから這い上がってきたからだ。ソフトバンクの捕手陣に故障が相次いだという理由はあるにせよ、4月3日に支配下選手登録されると、即1軍登録。そして、この日の復活を迎えた。

 支配下登録されていなかったとはいえ、昨年も3軍戦では試合に出続けていた細山田。よくよく考えれば、育成ドラフトで指名され、育成選手から這い上がって2013年に51試合に登板、オールスターゲームにも出場した千賀滉大、黄色靭帯骨化症の手術から驚異的な回復で復活し、昨季の日本一に貢献し、今季もすでに2勝を挙げている大隣憲司など、3軍という環境のおかげで成長したり、復活できたりした選手がいるという「層の厚さ」こそ、ソフトバンクの強みといえるのではないだろうか。

12球団最多を誇る層の厚さ


 同様のことがマスコットにも当てはめることができる。ソフトバンクの球団マスコットは、メインキャラクターである「ハリーホーク」も含め、現行キャラだけで8体(ハニーホーク/ハーキュリーホーク/ホンキーホーク/ヘレンホーク/ハックホーク/リックホーク/ホックホーク)。これは12球団最多を誇っている。きめ細やかなファンサービスで人気を誇る球団運営において、マスコットの多さも重要な要素に違いない。

 数が多いというヨコ展開だけでなく、球団の歴史を受け継いでいるタテ軸の強み、そして正当性も魅力の1つだ。ハリーホークは一族の始祖「ホーク1世」から数えて7代目で、先代マスコットである「ホーマーホーク」の末弟にあたる。

 余談だが、「ホーク1世」も熱心なホークスファンならその姿を見たことがあるはずだ。そもそも、ヤフオクドームがある一帯「ホークスタウン」を作ったのがホーク1世(という設定)。今でも球場そばにはホーク1世の銅像があり、いつもホークスとハリーホークたちの勇姿を見守っている。

ホークスのエースで4番を務めるスーパースター


 話を「ハリーホーク」に戻そう。1993年、本拠地が平和台球場から福岡ドーム(現ヤフオクドーム)に移転した際に、ホーマーホークからバトンを受け継いでファンの前に姿を現したのがハリーホークだ。

 兄・ホーマーの表情は受け継ぎながらも、それまでのずんぐりむっくりした体型とは打って変わってスマートな体型が採用された。というのも、ハリーには「ホークスのエースで4番を務めるスーパースター」というキャラクター設定が加わったからだ。大谷翔平(日本ハム)が生まれる1年前にすでに二刀流の選手(マスコット)が存在していたのだ。


 当時はまだ「ダイエーホークス」時代。ハリーホーク導入にあたっては、「プレー以外の球場周辺やスーパー・ダイエーでも使えるモノを……」という球団の意向もあり、さまざまなバリエーションに対応できる「キャラクター・マニュアル」も作成された。

 それまで、球団マスコットの活躍の場といえば、あくまでも着ぐるみによるパフォーマンスのみ。それがハリーホークの登場によって球団グッズやその周辺まで大きく広がるようになった。この「キャラクター・マニュアル」の発想はその後、各球団にも影響を与え、今に至るマスコットビジネスに広がっていった。

 3軍という存在で球界に新風を巻き起こしているホークスは、同様にマスコット界においても革命を起こしていたのだ。

 そんなハリーホークの背番号は「100」。背番号「00」の細山田の活躍が誰よりも嬉しいのは、一番近しい背番号を持つハリーなのではないだろうか。

◆ハリーホーク・パーソナルデータ

所属:福岡ソフトバンクホークス
背番号:100
デビュー年:1993年

出身:不明
生年月日:4月10日生まれの永遠の23歳
身長:180cm
体重:80kg

性別:男
好きなもの:アイスクリーム、ポップコーン
短所:泳げない

他のマスコット:
ハニーホーク……ハリーのガールフレンドでホークスのチアリーダー。7月7日生まれの18歳。身長157cm、体重45kg。
ハーキュリーホーク……ハリーの大学時代からのライバルで、現在はホークスのチームメイト。8月1日生まれの23歳。身長195cm、体重97kg。
ホンキーホーク……ハリーの叔父でホークスタウン市長。9月15日生まれの57歳。身長155cm、体重65kg。

ヘレンホーク……ホンキーの妻で、ハリーの叔母。9月15日生まれの55歳。身長165cm、体重48kg。
ハック、リック、ホック……ハリーの甥っ子三兄弟。ハックが7歳。リックが5歳。ホックが3歳。全員5月5日生まれで工藤公康監督と同じ誕生日。

▲写真左から、ホックホーク(後ろ姿)、ハックホーク(赤いズボン)、リックホーク(メガネ)、ホンキーホーク(黒いユニフォーム)、ヘレンホーク


■ライター・プロフィール
オグマナオト/1977年生まれ、福島県出身。広告会社勤務の後、フリーライターに転身。「エキレビ!」、「AllAbout News Dig」では野球関連本やスポーツ漫画の書評などスポーツネタを中心に執筆中。『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』(新紀元社)では構成を、『漫画・うんちくプロ野球』(メディアファクトリー新書)では監修とコラム執筆を担当している。近著に『福島のおきて』(泰文堂)。Twitterアカウントは@oguman1977(https://twitter.com/oguman1977)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方