週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

ここが変わるぞ、オリックス! 最下位からの巻き返しをはかる2017年の変更ポイント


 オリックスは昨季、最下位という結果に終わった。新しいシーズンはこのままではいけない、何か変わらなくてはいけない。そこで昨季と今季とで新しく変わる点をまとめてみた。

ユニフォームが変わる


 昨季のファンフェスタで、オリックスの新しいユニフォームが発表された。オリックスは長年、ミズノ製のユニフォームを使っていたが、今年からはデサント製に変更される。

 ホームとビジターのユニフォームは、昨季のデザインのマイナーチェンジといったところ。ロゴのデザインは変わらず、前立てのラインがなくなった。

 大きく変わったのが、スピリッツユニフォームだ。オリックス・バファローズの頭文字の「OB」をあしらったデザインとなった。このデザインはファンの間でも賛否両論がある。

 しかし、チームが勝てば強く見えるのがユニフォームである。是非とも新しいユニフォームが強く見えるように、勝ちを重ねてほしい。


京セラドームの人工芝が変わる


 京セラドームの人工芝は、以前から高く跳ねることで知られていた。実際、外野手の前で弾んだボールが、外野手の頭を越して長打になることがたびたびあった。これでは外野手も思いきったプレーをしにくい。

 今回、選手会の要望が通り、人工芝を野球専用のものに変更されることとなった。守備の名手が多いオリックスにとっては、これはいい変更になるに違いない。

ファーム施設が変わる


 今までは神戸を拠点としていたファーム施設も、今年からは大阪の舞洲(まいしま)に移される。既存の舞洲ベースボールスタジアムの隣に新球場を建設中。さらに室内練習場、選手寮も建設中である。

 舞洲に施設ができると、本拠地の京セラドームに近くなる。昼にファームの試合に出場し、夜のナイトゲームに出ることも楽になる。また、舞洲の練習場は24時間利用可能になるようだ。京セラでの試合の後に舞洲でみっちり練習ができる環境が整った。


選手会長が変わる


 T-岡田はこのオフ、オリックスと3年契約を結んだ。そして今年より選手会長を伊藤光から引き継いだ。オリックス生え抜き選手のT-岡田は、チームの中心としてのさらなる活躍が期待される。T-岡田は寡黙な選手なので、自らのプレーでチームの選手を引っ張っていくことだろう。

 オリックスは、糸井嘉男がFAで抜け、その後の目立った大きな補強はなかった。オフの動きとしては物足りないかもしれない。しかし、勝利につながる手は確実に打たれている。これが今後のオリックスの勝利に結びついていくことを期待する。


文=矢上豊(やがみ・ゆたか)
関西在住の山本昌世代。初めてのプロ野球観戦は、今はなき大阪球場での南海対阪急戦と、生粋の関西パ・リーグ党。以来、阪急、オリックス一筋の熱狂的ファン。プロ野球のみならず、関西の大学、社会人などのアマチュア野球も年間を通じて観戦中。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
2018ドラフト特集 野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方