週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

T-岡田、吉田正尚、助っ人らで強力打線が完成! 来季に希望をつなぐオリックス超強力布陣

T-岡田、吉田正尚、助っ人らで強力打線が完成! 来季に希望をつなぐオリックス超強力布陣

 終盤戦を前にAクラスとBクラスで明暗がくっきり分かれた今季のパ・リーグ。なかでも何ともいえない成績になっているのがオリックスだ。

 開幕はスタートダッシュに成功し、楽天とともに上位グループを形成。下馬評を覆す進撃を続けていたが、5月には6勝19敗と息切れし、そのまま順位を下げていった。8月27日時点で51勝60敗1分、3位の西武からは13.0ゲーム差も離れている。

 しかし、最近の打線を見るとそこまで悲壮感は漂ってこない。

吉田正尚とマレーロの活躍


 Bクラスは決定的だが、打線の見どころは増えている。その中心は吉田正尚だ。今季はオープン戦で腰を痛め、戦線離脱を余儀なくされたが、7月9日に1軍に復帰。ここまで36試合で打率.331、9本塁打の好成績で完全復活をアピールしている。

 さらに5月末に獲得したマレーロも好調だ。6月9日のデビュー戦では本塁打を放つもホームベースを踏み忘れアウトになるという“外れ臭”を漂わせたが、翌日にあらためてNPB初本塁打を記録すると、コンスタントに本塁打をかっ飛ばし、53試合で打率.299、13本塁打を記録している。

 来季もチームに残るなら、正一塁手不在の状況に終止符が打たれそうだ。

1番・T-岡田のド迫力打線


 また8月は面白い並びにも挑戦していた。1番にT-岡田を据え、2番・吉田正、3番・マレーロ、4番・ロメロと続く超重厚布陣だ。

 T-岡田は打率.282、25本塁打、50打点とコンスタントに活躍しており、特に出塁率.395はリーグ3位。68四球はすでにキャリアハイの49四球(本塁打王を獲得した2010年)を大きく超えており、「選べる大砲」に進化を遂げている。

 ロメロも5月のほとんどを棒に振ったが、打率.270、22本塁打。8月後半はややお疲れだったが、上々の働きを見せ、すでに2018年からの3年契約(3年目はオプション)に合意している。

 打線に厚みをつけるのは、5番・小谷野栄一、6番・中島宏之のベテラン陣。両者ともにしぶとさは健在だ。

 いろいろな打順を試している最中だが、外野守備に目をつぶれば1番・T-岡田から続く攻撃型オーダーは夢が膨らむ。

 投手陣も山岡泰輔、小林慶祐、黒木優太、山本由伸など、期待の新戦力が結果を残しはじめている。

 来季もケガ人や不調など思わぬ誤算はあるだろうが、少なくともポジティブに考えることができる素材はそろっている。T-岡田が国内FA権を取得したが、昨オフに3年契約で更新済み。オリックスファンにとっては成績以上に期待が膨らむオフになりそうだ。

(成績は8月27日現在)


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方