週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【1976】勝負強さここに極まる!大島康徳が1シーズン代打本塁打の日本新記録を達成

代打で登場した大島康徳は会田照夫(ヤクルト)から本塁打を放つ。この本塁打で代打本塁打が1シーズン7本目となり、日本新記録を樹立。大島はこの年、打率.333でリーグ4位、27本塁打、71打点も記録し、9年目にして真のレギュラーとなった。後に日本ハムでも活躍するなど、セ・パ両リーグで活躍し、通算2204安打を記録した大打者だ。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方