野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<

秋山翔吾(西武)と柳田悠岐(ソフトバンク)が裏三冠! 今季のノンタイトル王たち〜パ・リーグ野手編

2017-11-22(水)0:00

秋山翔吾(西武)と柳田悠岐(ソフトバンク)が裏三冠! 今季のノンタイトル王たち〜パ・リーグ野手編

 プロ野球もシーズンが終了し、11月20日の「NPB AWARDS 2017」で各種タイトルの授賞式が行われた。

 ただ、マニア的に気になるのはノンタイトル王。今年も恒例のノンタイトルスタッツランキングを紹介したい。今回はパ・リーグの野手編!

◎二塁打王


1位:秋山翔吾(西武)/38二塁打
2位:浅村栄斗(西武)/34二塁打
3位タイ:柳田悠岐(ソフトバンク)/30二塁打
3位タイ:銀次(楽天)/30二塁打

 トップ2の面子は昨季から変わらず、秋山翔吾と浅村栄斗(ともに西武)が入れ替わる形で決着。秋山翔吾は初めてトップに立った。3位には昨季から引き続き柳田悠岐(ソフトバンク)が入賞、並んで3位に銀次も食い込んだ。上位常連組では角中勝也(ロッテ)が昨季の30本から17本の大幅ダウン。

◎三塁打王


1位:源田壮亮(西武)/10三塁打
2位タイ:今宮健太(ソフトバンク)/7三塁打
2位タイ:駿太(オリックス)/7三塁打

 昨季は茂木栄五郎(楽天)と西野真弘(オリックス)が7三塁打でトップの座を分けたが、今季はルーキー・源田壮亮(西武)がみごとな脚力で戴冠。秋山翔吾(西武)、源田の二塁打王、三塁打王がいるからか、メットライフドームの右中間、左中間が広く見える。


◎塁打王


1位:秋山翔吾(西武)/308塁打
2位:ウィーラー(楽天)/267塁打
3位:柳田悠岐(ソフトバンク)/264塁打

 秋山翔吾(西武)が大台の300塁打を突破し、初の戴冠。今季は首位打者、最多安打に合わせて、38二塁打で二塁打王も獲得。本塁打も25本とキャリアハイでヒットメーカーから中長距離砲に進化している。

 ウィーラー(楽天)も昨季の5位からランクアップした。


◎得点王


1位:秋山翔吾(西武)/106得点
2位:柳田悠岐(ソフトバンク)/95得点
3位:源田壮亮(西武)/85得点

 二塁打王、塁打王に続き、秋山翔吾(西武)が得点王も獲得。裏タイトル三冠を達成した。昨季もトップで2年連続の得点王。飛び抜けた出塁能力と後ろの強力打線が見事に噛み合っている。


◎最多四球


1位:柳田悠岐(ソフトバンク)/89四球
2位:T-岡田(オリックス)/83四球
3位:秋山翔吾(西武)/72四球

 ここは柳田悠岐(ソフトバンク)の独壇場。3年連続の1位をキープしている。2位のT-岡田(オリックス)はこれまでのキャリアハイ(49四球、2010年)を大きく上回る躍進。選ばないスラッガーから選べるスラッガーに成長し、出塁率.374も自己最高。待望のもう一伸びを実現した。


◎最多死球


1位:鈴木大地(ロッテ)/18死球
2位タイ:ウィーラー(楽天)/10死球
2位タイ:安達了一(オリックス)/10死球

 鈴木大地(ロッテ)がぶっちぎりの被死球キング。歴代13位の18死球を食らった。もともと飛び抜けて当たりやすいタイプではないが、今季は磁石のごとく球がやってきた……。鈴木大地さえ抑えれば、というロッテの攻撃事情も一因か。


◎最多犠打


1位:今宮健太(ソフトバンク)/52犠打
2位:大城滉二(オリックス)/35犠打
3位:嶋基宏(楽天)/27犠打

 今宮健太(ソフトバンク)が返り咲き。2年ぶり4度目の最多犠打を記録した。日本シリーズでも名手ぶりを遺憾なく発揮し、柳田悠岐(ソフトバンク)が出塁、今宮がバント、後続がタイムリーの黄金パターンを繰り出した。

 昨季62犠打で今宮からトップを奪い、名を上げた中島卓也(日本ハム)は、今季は打撃不振もあってトーンダウン。25犠打で5位に留まった。

 2年目の大城滉二(オリックス)もじわりと上昇中。レギュラーに完全定着すれば、今宮と戦える技がある。


◎OPS


1位:柳田悠岐(ソフトバンク)/1.016
2位:秋山翔吾(西武)/.933
3位:茂木栄五郎(楽天)/.867

 出塁率+長打率=OPS。パ・リーグでは柳田悠岐(ソフトバンク)が3年連続でトップに鎮座し続けている。12球団で唯一の1.000超。現球界ではナンバーワンバッターではないだろうか。


◎得点圏打率


1位:柳田悠岐(ソフトバンク)/.379
2位:銀次(楽天)/.369
3位:源田壮亮(西武)/.344

 得点圏打率も柳田悠岐(ソフトバンク)が抑えた。OPS、得点圏打率、まさに無敵といってもいいレベルだ。銀次(楽天)も集中力を見せた。今季は二塁も守ったが、二塁では失策ゼロの安定感。シーズン前から二塁守備に備えて足腰を強化したそうだが、打撃にも好影響をもたらし、上昇気流をつかんだ。

 3位の源田壮亮(西武)も大健闘。足に注目が集まるが、ケースバッティングも秀逸で早くも「仕事人」の色が出ている。


◎盗塁阻止率


1位:田村龍弘(ロッテ)/.337
2位:炭谷銀仁朗(西武)/.327
3位:甲斐拓也(ソフトバンク)/.324

 田村龍弘(ロッテ)が2年ぶり2度目の1位。田村の強肩がなければ、チーム失点はもっとひどいことになっていたかもしれない。炭谷銀次朗(西武)はさすがの安定感で2位。今季はバットでもしぶとさを見せ、強肩が一際輝く。

 大ブレイクの甲斐拓也(ソフトバンク)も強肩自慢。1軍での3割超は「使える強肩」の証であり、自信になったはずだ。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 日刊トピック一覧#2
  3. 秋山翔吾(西武)と柳田悠岐(ソフトバンク)が裏三冠! 今季のノンタイトル王たち〜パ・リーグ野手編

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.