週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

自他ともに認めるマイペース男! 西口文也がプロ生活で見せた「2つの欲」

 無欲。

 西口のプロ生活を一言で表すと、この言葉がしっくりくる。

 どんな好成績を挙げても渋ることなく契約更改を済ませ、メジャーリーグ移籍について聞かれれば「食事が口に合わない」と突っぱねるなど、俺流エピソードには事欠かない。

 特に契約更改に至っては、「西口さんがその額でハンコを押してしまうと、意見を言いにくくなる」と、若手選手から苦言を呈されたほどだ。

 埼玉西武ライオンズ一筋21年で、積み上げた182個の白星は、西口が無欲だったからこそ挙げられたものと思える。ただ、そんな西口にも欲を垣間見せた瞬間があった。それを彼のプロ生活とともに振り返ってみたい。


【上昇期】投手王国の絶対的エース


 和歌山商業高から立正大を経て、1994年に埼玉西武ライオンズからドラフト3位で指名された西口。1年目は、5月半ばからアメリカの独立リーグに野球留学したこともあり2勝に留まったが、野球留学での活躍が、翌年からの大爆発につながっていく。

 2年目の16勝を皮切りに、7年連続の二桁勝利。その内2年で最多勝を獲得するなど、順風満帆を絵に描いたようなプロ野球人生。9年目となる2003年のシーズンは、右足のケガにより二桁勝利を逃すものの、翌年・翌々年と再び二桁勝利を達成。

 1998年に松坂大輔が入団してからも、「日本のエースは松坂大輔。ライオンズのエースは西口文也」と評され、その地位は不動のものになっていた。

 そして11年目のシーズンが終わったところで、挙げた勝ち星は133勝。この時点では誰もが200勝を疑わなかったはずだ。


【安定〜低迷期】無欲のエースが成し遂げたかった快挙


 順調に勝利を積み重ねていった西口だが、その間、ある記録に挑む機会があった。

 ノーヒットノーランと完全試合である。

 前者は2回あり、いずれも9回2アウトまで抑えながら、最後の一人に痛打を浴びて夢を絶たれた。後者は、楽天打線に対し9回終了までパーフェクトだったものの、味方打線が一場靖弘の前にまさかの沈黙。そして延長戦、楽天の沖原佳典にヒットを打たれ、ここでも快挙ならず。

 何かに取り憑かれているかのように、大記録に手が届かない。引退会見でも述べていたように「達成したい記録」だった。これが「欲その1」。それだけに普段は欲を見せない西口も、さすがに堪えたのだろう。翌年から、徐々に成績が下降し始める。

 5年連続で二桁勝利を逃し、ピーク時は3億円だった年俸も、気づけば1/5まで下がった。

 先発陣も涌井秀章、岸孝之などコマが揃っていたこともあり、投げれば打たれるというベテランに、チャンスはなかなか巡って来なかった。


【復活期】もう一つの大記録へ向けた、最後の二桁勝利


 200勝間違いなしと思われながら、足踏みを続けていたかつてのエースだが、2011年に突如復活を遂げる。前半戦こそ4勝6敗と負けが先行したが、7月以降は7勝1敗と大幅に勝ち越し、最終的に11勝7敗で、6年ぶりの二桁勝利を達成。

 またこのシーズンは、

・自身のシーズン最高防御率を記録
・自身が持っていた先発登板連続無完投記録を、102試合でストップ
・クライマックスシリーズ進出がかかった最終戦で、8回140球を投げて勝利投手に

 など、内容的にも充実したものとなった。

 この人が変わったような結果が、「欲その2」。西口自身がどこまで考えていたかは分からないが、いくら欲のない人間でも、完全試合を逃し、200勝までも手に入れられずに引退という現実が辛くないはずがない。

「絶対に、200勝を達成する」。

 11勝という数字からは、そんな叫びが聞こえてくるようだった。




 しかし、この好調は長くは続かず、2012年の5勝を最後に2013年以降は勝ち星が途絶える。2012年も中継ぎに勝ちを消される不運はあったが、輪をかけて短いイニングしか投げられなくなったベテランは、2015年9月23日に、ユニフォームを脱ぐ決心をした。

 結果的に、完全試合も200勝も達成できぬまま引退することになったが、この不完全さこそが西口らしさなのだろう。そうでなければ、何か一つでも大記録を達成していたはずだからだ。

 気負わず、気張らず、常にマイペース。大投手なのに、不思議とそう感じさせない雰囲気をまとっている西口文也。しかしその歴史を紐解くと、実は節目節目で強烈な「欲」を発していた、人間味溢れる投手だったことが伝わってくる。


次回12月29日(火)は『プロ野球引退物語2015』中嶋聡編と斎藤隆編を公開予定(*本文中の年俸は全て推定)


文=森田真悟(もりた・しんご)
埼玉県出身。地元球団・埼玉西武ライオンズをこよなく愛するアラサーのフリーライター。現在は1歳半の息子に野球中継を見せて、日々、英才教育に勤しむ。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方