週刊野球太郎はニュースにはない奥深い情報を毎日配信 ドラフト候補累計4000人超 圧倒的な取材情報
メンバーサイト入口
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
※Wi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。

【プロ野球10大ニュース】楽天・則本昂大は8試合連続で世界タイ。「連」にまつわる10のトピック!

2017-12-12(火)12:00

【プロ野球10大ニュース】楽天・則本昂大は8試合連続で世界タイ。「連」にまつわる10のトピック!

 3月31日に開幕した2017年のプロ野球。11月4日にソフトバンクが日本一に輝くまでの約7カ月の間、実に様々なことが起こった。

 週刊野球太郎では2017年のまとめとして『2017年プロ野球界 10大ニュース総ざらい!』をお届け。第2回は連覇、連勝、連敗、連発など「連続劇」をテーマに、10のトピックを取り上げる。

◎喜ばしい「連」と目を背けたくなる「連」


■連続劇@:広島がリーグ連覇

 まずはチームにおける「連続」を紹介していこう。一番華々しいのは広島のセ・リーグ「連覇」だ。

 CSではDeNAに敗れたものの、シーズンを88勝51敗、勝率.633、貯金37で圧倒しての優勝。その勝ちっぷりが色褪せることはない。

 薮田和樹、岡田明丈ら若手が活躍し、黒田博樹が引退した穴を感じさせなかったところも、今の広島の強さを物語っている。黄金期は訪れた。来季もセ・リーグ他球団にとって脅威の存在となるだろう。

■連続劇A:炎獅子ユニフォームの西武が13連勝

 チームの「連勝」も気になるところ。今季もっとも大きな連勝は7月21日から8月4日にかけて勝ち続けた西武の13連勝だった。

 連勝がスタートした7月21日は「炎獅子ユニフォーム」の開幕日。今季2度着用されたこの特別ユニでの勝率はなんと7割5分に達した。

 西武らしからぬ真っ赤なユニフォームを着た途端、チームが変わったかのように勝ち始めた。西武ファンの筆者としては来季以降も「ここぞ」のときに備えて残しておいてもらいたい。

■連続劇B:満身創痍のヤクルトが10連敗後に14連敗……

 あまり振り返りたくない「連敗」だが、今季最大の連敗は、7月1日から7月21日にかけて負け続けたヤクルトの14連敗。

 故障者が「連発」したチーム事情のため、大型連敗も致し方ないところがあるが、5月30日から6月10日にかけても10連敗を喫している……。

 ただ幸か不幸か、10連敗時は巨人も大型連敗の真っ最中(結果的に13連敗)。巨人に話題が集中していたこともあって、あまり大ごとにはならなかった(ような気がする)が、それが2カ月後の14連敗という事態の悪化を招いたのかもしれない。膿は一度に出し切るべき。

◎先発&中継ぎエースのハイレベルな連続劇


■連続劇C:則本昂大(楽天)が8試合連続2ケタ奪三振

 続いては投手の「連続劇」を振り返ってみる。筆頭に挙げたいのは則本昂大(楽天)の「8試合連続2ケタ奪三振記録」。プロ野球記録を更新し、メジャー記録に肩を並べる偉業となった。

 世界記録の9試合連続を狙った試合は、7回6失点、8奪三振で降板したため、世界記録樹立はならず。来季以降も三振を奪いまくって、また夢を見せてほしい。ちなみに則本を止めたのは、10連敗明けのヤクルトだった。

■連続劇D:菅野智之(巨人)が3試合連続完封勝利

 先発投手では菅野智之(巨人)の「3試合連続完封勝利」もある。実は昨季も3連続に王手を掛けていたのだが、マメをつぶして無念の途中降板となっていた。

 今季の菅野は、侍ジャパンのエースとしてWBCで3先発するなどひとまわり大きくなってシーズンに臨んだ。そのさらなる成長が3連続完封勝利をもたらしたのだろう。

■連続劇E:鉄腕・宮西尚生(日本ハム)が10年連続50試合登板

 中継ぎでは宮西尚生(日本ハム)が「10年連続50試合登板」を達成。

 これは岩瀬仁紀(中日)以来、プロ野球史上2人目の記録。2008年のルーキーイヤーにジャスト50試合投げて以降、毎年結果を出し続けて成し得た偉業だ。

 ちなみに岩瀬は15年連続で50試合登板を達成している。北の鉄腕は、その境地まで達することができるだろうか。

■連続劇F:松井裕樹(楽天)が1イニング3者連続3球三振

 クローザーでは、松井裕樹(楽天)が「1イニング3者連続3球三振」という快記録をやってのけた。プロ野球では17人目のことだが、楽天としては初。奪三振が代名詞の則本もまだ達成していない。

 しかも、松井はすべての三振が空振り。プレミアム度が増す圧巻のパフォーマンスだった。同じストッパーとしては佐々木主浩(元横浜ほか)がこの記録を達成している。ゆくゆくは大魔神超えとなるか。


◎伝説の試合もピックアップ


■連続劇G:ブレイクの山川穂高(西武)が2カ月連続月刊MVP

 ここからは野手の「連続」記録を振り返る。当連載の第1回「ブレイク劇」でも紹介した山川穂高(西武)は8月、9月と「2カ月連続月間MVP」に輝いた。

 中村剛也に代わってチームの4番に座ることも多かった8月は、打率.326、9本塁打、28打点。9月は打率.325、8本塁打、16打点。文句なしの成績だった。

 山川は先日、プロ入後初めて契約更改での提示年俸を保留したが、それも中盤から終盤にかけての大活躍があってこそ。

 筆者はお金にうるさい選手はあまり好きではないが、今回ばかりは「納得するまで話してみるのがいい」と背中を押したい。

■連続劇H:ゲレーロ(中日)が6試合連続弾

 鳴り物入りで来日した今季、本塁打王を獲得。噂に違わぬ実力を見せつけたゲレーロ(中日)は球団新記録の「6試合連続本塁打」を放った。なお、この記録は王貞治(当時巨人)、バース(当時阪神)の7試合連続本塁打の日本記録にあと1本まで迫るものだった。

 今オフ、中日退団したゲレーロ。12月11日現在、来季の所属チームは決まっていない。ゲレーロは日本でのプレーを希望しているが、果たして、どの球団で王、バースの日本記録に再び挑むのか。それとも今季の好成績を置き土産にメジャー復帰となるのだろうか……。

■連続劇I
筒香嘉智、ロペス、宮ア敏郎(DeNA)

 DeNAの躍進において忘れてならない「連続劇」が、8月22日の広島戦で起こった「3者連続本塁打でのサヨナラ勝利」だ。

 9回裏、2対5のビハインドという崖っぷちからドラマは起こった。まず3番・筒香嘉智の2点本塁打で1点差に詰めると、4番・ロペスも続きソロ本塁打。同点に追いつく。そして5番・宮崎敏郎がサヨナラ本塁打をお見舞して、奇跡の大逆転劇はフィナーレを迎える。

 なお、この劇的勝利で勢いに乗ったDeNAは翌日も翌々日もサヨナラ勝ち。首位をひた走る広島を相手に「3試合連続サヨナラ勝ち」を決めた。

 このときの脅威の粘りが、CSでの下克上を生み、日本シリーズでの健闘につながったのだろう。来季にまで好結果をもたらしそうなターニングポイントだった。


◎あなたの「マイ10大ニュース」は?


 チームで3つ、投手で4つ、野手で3つの「連続劇」を取り上げた今回の10大ニュース。いかがだっただろうか。

 ほかにも「連続」はあるが、「10大」としてくくると、筆者としては上記のニュースを思い浮かべた。どれも字面だけでも強烈だからだ。

 とはいえ、応援するチームや選手によって「連続劇」は人様々。自分だけの「マイ10大ニュース」を挙げ、今季の思い出を楽しんでみてはいかがだろう。


文=森田真悟(もりた・しんご)

ドラフト会議まであと何日?

時間
先取り2018ドラフト注目選手特集
先取り2018ドラフト注目選手特集
 
会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載
野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!
メンバーサイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

2018年ドラフト情報先取り
全国のドラフト注目選手が満載!
先取り2018ドラフト注目選手特集

プロ野球戦力外通告・引退
に関するのコラムも
プロ野球戦力外通告・引退特集

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. プロ野球コラム&ニュース一覧#4
  3. 【プロ野球10大ニュース】楽天・則本昂大は8試合連続で世界タイ。「連」にまつわる10のトピック!

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.