週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【プレミア12】侍ジャパンに立ちふさがるのはどこの国?意外に日本野球と縁が多いぞイタリア

マエストリとともに二遊間に注目!


 欧州において、ナショナルチームレベルではカリブ勢擁するオランダの後塵を拝しているものの、クラブレベルでは、プロリーグをもつイタリアが優勢を誇っている。その中でも、G.G.佐藤(元西武ほか)など多数の日本人選手もプレーしていた名門、フォルティチュード・ボローニャは、隣国のサンマリノ・タイタンズとともに、来季から開始予定のヨーロッパリーグにも参戦予定だ。

 しかし、欧州野球を牽引すべきイタリアの野球事情も、その現実は厳しいものである。2010年に本格的なプロリーグを目指して設立されたイタリアン・ベースボールリーグも、数年前から平日の試合開催をやめ、事実上、前身リーグ・セリエAとなんら変わらない週末のみ試合を行うセミプロリーグとなってしまっている。


 それでも、イタリアにルーツをもつ外国人に対する国籍付与の簡便さのおかげもあり、米国、ベネズエラ人選手が多数プレーするこのリーグは、十分に見応えがある。今回のメンバーもイタリア国内でプレーする「傭兵」部隊が主力をなすだろう。

 投手陣では、今シーズンNPBで不振に終わった「純イタリア産」のアレックス・マエストリ(オリックス)に期待したい。また、前回のWBCに出場し、一昨年は日本のBCリーグにも在籍していた、ルカ・パネラッティも先発陣の一角に食い込んでくるだろう。打撃陣では、この春の日欧野球に参加した、アレッサンドロ・バリオとフアン・カルロス・インファンテの二遊間コンビが注目だ。


文=阿佐智(あさ・さとし)
1970年生まれ。世界放浪と野球観戦を生業とするライター。「週刊ベースボール」、「読む野球」、「スポーツナビ」などに寄稿。野球記事以外の仕事も希望しているが、なぜかお声がかからない。一発当てようと、現在出版のあてのない新刊を執筆中。ブログ「阿佐智のアサスポ・ワールドベースボール」(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/gr009041)

写真協力:oldmanagency

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方