野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
この記事は無料公開中です

《侍ジャパンのキモ》「いざ出陣!」の前に強化試合を総括! 「悪くない」が見えてきた!!

2017-03-07(火)12:00


 KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎での4日間(2月23〜26日)の強化合宿、そして前哨戦といえる5試合の強化試合を終え、いよいよWBC本番を迎える侍ジャパン。

 準備万端で本番に臨めるかと思いきや、前哨戦5試合が2勝3敗という結果。まずは、その5試合を簡単に振り返ってみよう。

◎2月25日(サンマリンスタジアム宮崎)

■スコア
侍ジャパン 0 対 2 ソフトバンク

 先発の武田翔太(ソフトバンク)は立ち上がりに苦しみながらも、3回無失点。大谷翔平(日本ハム)に代わる追加召集ながら、さっそく結果を残した。

 打線は菊池涼介(広島)が3安打、また筒香嘉智(DeNA)も1安打を放つも、つながりを欠き無得点に終わった。


◎2月28日(ヤフオク!ドーム)

■スコア
侍ジャパン 5 対 8 台湾プロ選抜

 センター中心にコンパクトに振ってくる台湾打線は17安打のうち単打が12本。そんなジャブの連打からの4割打者・王柏融の一発が飛び出すなど、先発の則本昂大(楽天)、続く牧田和久(西武)、増井浩俊(日本ハム)ら侍ジャパン投手陣を圧倒。

 ただ、後半に登場した宮西尚生(日本ハム)、松井祐樹(楽天)はともに1イニングを無安打、無失点と好投を見せた。

 打線は、菊池涼介の連日の3安打(二塁打2本、三塁打1本)などで5点を奪い、最終的には3点差と何とか格好はつけた。しかし、台湾の2番手・セゴビアに中盤の4イニングを1安打、7三振に抑えられ、重苦しいゲーム展開での2連敗となった。

◎3月1日(ヤフオク!ドーム)

■スコア
台湾プロ選抜 1 対 9 侍ジャパン

 投打に躍動した侍ジャパンが、3戦目にして初勝利を飾った。先発の菅野智之(巨人)が4回を4安打無失点に抑えると、続く石川歩(ロッテ)も3イニングを1失点で切り抜け、藤浪晋太郎(阪神)、千賀滉大(ソフトバンク)が8、9回を締めた。

 一方の打撃陣も、1番・DHで出場した山田に待望の一発(先頭打者ホームラン)。ダブルスチールも決めるなど足を絡めた攻撃も生まれ、大量得点を奪った。


◎3月3日(京セラドーム)

■スコア
阪神 4 対 2 侍ジャパン

 阪神の先発のメッセンジャー、2番手の岩貞祐太の前に打線が沈黙。7回に中田翔(日本ハム)のレフトへのホームランが出たのが打線の唯一の救い。

 投手陣は、牧田和久が2イニングを6人でピシャリと抑え、平野佳寿(オリックス)がフォークで3者連続空振り三振と仕上がってきたが、2回には武田翔太が2年目の板山祐太郎に、8回には秋吉亮(ヤクルト)がルーキーの糸原健斗に長打を浴びて失点するなど、懸念も残った。


◎3月5日(京セラドーム)

■スコア
オリックス 3 対 5 侍ジャパン

 2回に鈴木誠也(広島)が同点3ラン。9回表に代打・秋山翔吾(西武)2点タイムリー三塁打。この殊勲打で勝利を収めたが、3、4、5、6、8回が三者凡退と、全体としては淡白な攻撃。

 初回も、先頭の山田哲人がヒットで出塁しながら、2番の菊池がバント失敗(ファウルフライ)。その後の打者も凡退するなど、攻めきれなかった。

 先発の藤波晋太郎は、自身の拙守もあって初回に2失点したが、2回は3人で片づけた。3回以降は7投手を試す小刻みな継投。5回以降は得点を許さず、決勝点を奪った9回裏は、秋吉が三者凡退に切って取り、本番へ弾みをつけた。


 昨年セ・リーグ4位で、しかも若手中心の阪神に敗れ、パ・リーグ最下位のオリックスに辛勝。トータルでは不安がぬぐいきれない前哨戦となったが、あくまで練習試合。大勝が続くよりも、アラが見えたほうが修正もでき、また気も引き締まる。時期的にも前向きに考えたほうがいいだろう。


◎ブルペンは仕上がってきた

 強化試合における投打を総括してみよう。

 投手陣では、好不調を繰り返す投手が多かったなか、先発候補では菅野の安定感が光った。また、開幕ゲームのキューバ戦に先発予定と報じられている石川も悪くなかった。やはり、本番でもこのふたりが中心となってきそうだ。

 あとは、オリックス戦の登板を体調不良で回避した則本、調子の波が大きかった武田や藤浪らが、どこまで能力を発揮できるか。

 リリーフでは、宮西のボールがシーズン同様にキレていた。また、牧田、秋吉、千賀らも、登板を重ねるごとに仕上がってきている。平野、松井の抑え候補も結果を出しており、ブルペンに関しては、おおむね態勢が整ったと見てよさそう。

 また「1次ラウンド65球、2次ラウンド80球、準決勝&決勝95球」という球数制限に加えて、「50球以上投げたら中4日以上、30球以上投げたときと連投したときは中1日以上あける」という登板間隔のルールを踏まえての継投策もカギとなる。

 小久保裕紀監督と奈良原浩ヘッドコーチの「青山学院大出身・40代コンビ」に78歳の権藤博投手コーチの経験をミックスさせた首脳陣の腕の見せ所だ。


◎打線も上向きつつある

 打線は、前哨戦5試合のうち、前半は菊池、筒香が目立っていたが、最後の2試合はノーヒット。それをカバーするように後半に入って山田、坂本、中田といった主力にも当たりが出始めた。

 秋山、鈴木、田中、平田ら、脇を固める選手たちも覇気のある動きを見せており、打線全体として調子は上向いているのは確か。あとは、打てないときに機動力や小技などで補っていく形を作りたい。

 また、過去の出場選手が異口同音に語っているように、WBC本番でのプレッシャーは異質。松田や菊池、鈴木ら元気者たちを中心に、いかにベンチを盛り上げていけるかもポイントとなりそうだ。

 3月7日のキューバ戦を皮切りに、多くても8試合しかない短期決戦。2月27日に福岡のホテルで開催された出陣式では、小久保裕紀監督が「必ず世界一を獲ってファンの皆様にご報告させていただきます!」と宣言した。

 無念のチーム離脱となった大谷翔平、嶋基宏らの思いも含めて日本の野球力をすべて出し尽くしたい。そして、3月22日午前10時プレーボール(日本時間)の決勝まで勝ち残っていることを信じて、代表選手たちの一挙手一投足に注目したい。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

新着記事

人気記事

注目特集記事

毎週特集連載
今週の特集|プロ野球と高校野球

選手名鑑見出し
選手名鑑|ドラフト候補選手

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し設置
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. プロ野球コラム&ニュース一覧#4
  3. 《侍ジャパンのキモ》「いざ出陣!」の前に強化試合を総括! 「悪くない」が見えてきた!!

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.