野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
高校野球の選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<

WBCで大ブレイク中の小林誠司(巨人)。その「ラッキーボーイ」っぷりを振り返る!

2017-03-20(月)0:00


 2017WBCの侍ジャパンのメンバーで、捕手は小林誠司(巨人)、大野奨太(日本ハム)、炭谷銀仁朗の(西武)3人。当初は、昨秋のメキシコ、オランダとの強化試合でも活躍した大野奨太がレギュラー有力だった。

 しかし、WBC開幕の直前に行われた5戦の壮行試合を経て、キューバとの1次ラウンド・第1試合の先発に起用されたのは小林誠司だった。

◎「まずは守備」のはずがうれしい誤算

 小林を起用した首脳陣は、おそらく「打撃はいいから、まずは守備をしっかり」と、そんな気持ちだったのではないか。ところが、うれしい誤算が起きた。小林が打ちまくったのである。1次、2次ラウンドでの、小林の全打席は以下の通り。

【1次ラウンド】
■3月7日
キューバ戦
中安打/投犠打/三安打/投ゴロ/中犠飛
3打数2安打1打点

■3月8日
オーストラリア戦
二ゴロ/投犠打/一飛/三犠打
2打数0安打

■3月10日
中国戦
左本塁打
1打数1安打2打点

【2次ラウンド】
■3月12日
オランダ戦
三振/三ゴロ/中安打/三振/中安打
5打数2安打1打点

■3月14日
キューバ戦
投ゴロ/左安打/左安打
3打数2安打1打点

■3月14日
イスラエル戦
三振/右飛/三安打/四球/遊ゴロ
4打数1安打1打点

【1次、2次ラウンドの通算成績】
打率.444(17打数8安打)/1本塁打/6打点


◎小林のシーズン打率は2割台前半

 小林のプロでの3年間のシーズン打率は2014年が.255、2015年が.226、昨季が.204。それがこのWBCでは通算打率.444と大爆発を見せた。

 ただ、中国戦で放ったレフトスタンドへの2ランのような会心の当たりもあったが、大半は内野の間をゴロで抜けていくようなシングルヒットだ。

 また、犠打を2球失敗し、やむなく強攻策に出た末に安打が飛び出したり、ギリギリのタイミングの内野安打でオーバーランして一、二塁間に挟まれそうになったところ、ホームを狙って飛び出した三塁走者にボールが送られオールセーフになったりと、結果的にチャンスが広がるようなシーンが随所に見られた。まさしくラッキーボーイだった。

 小久保監督も小林の強運ぶりは認識しており、だからこそ、2次ラウンドのキューバ戦の8回裏、1死一、三塁の場面で、小林に代打を出すのを迷った。それでも、思い切って選択した「代打・内川」が成功したのは、小林の強運が伝播したのかもしれない。


◎アメリカでも強運は続くか?

 2次ラウンドで1位だった侍ジャパンは、準決勝でアメリカ、ベネズエラ、ドミニカ、プエルトリコの中で上位2位に入ったチームとドジャースタジアム(アメリカ)で対戦する。どこが勝ち上がってきても強敵だが、ラッキーボーイ・小林の強運ぶりは続くのか?

 注目の準決勝は、日本時間で3月22日(水)、朝10時プレイボール予定だ。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 日刊トピック一覧#12
  3. WBCで大ブレイク中の小林誠司(巨人)。その「ラッキーボーイ」っぷりを振り返る!

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.